ブログ
2007年6月16日

つくり手の声

木の家ネット ブログ活用コンテンツ
1)あなたが家づくりをしている地方の気候風土について教えてくださ い。

愛知県は、尾張地方と三河地方というように2つの地域に大別されます。この分け方は廃藩置県の前にさかのぼるわけですが、私の住む地域の尾張は、北西~西側~南東側の木曽三川の河口付近に広がった平野部分と東北~東側の丘陵地帯とに分けられます。冬は伊吹山からの伊吹おろしの影響を受け寒く、少雨、乾燥。夏は、南東の伊勢湾からの風で、高温、多湿で蒸し暑く、決して過ごしやすいとはいえない地域です。三河地方は、三河湾を囲む温暖な平野の地域と北東部の冬の厳しい山間地域とに別れます。

2)気候風土がいちばんきつく感じられる季節はいつで、どんな風にきついですか?

やはり高温多湿の夏です。空調に頼る方が多いです。

3)気候風土に関していちばん気を配っていることを、実例の写真など を交えて、教えてください。

風通しと庇による日照の調整。室内の調湿機能を高める土や木材などの自然素材だけの室内の内装。
屋根からの輻射熱を防ぐために、自然素材断熱材を基準より厚くする。
最上階に天井を設けずに、小屋裏通気を重視することにより、滞留した熱い空気がたまらないようにする。

4)その他、住み心地のいい室内環境をつくるために工夫していることがあれば。
床下からの冷たい空気を玄関内へ取り入れ、夏の室内温度を少しでも下げる

5)家の住み心地について、お施主さんからのコメントがあればお願い します。

最近のプレファブのような家は、夏は、留守にして帰るとムッとするが、この家は、ホッとするほど涼しい。
夏の日中は、窓(できれば雨戸も)しめて、極力日射を避けることと戸外の熱い空気の流入をさせないほうが、かえって室内が涼しい。