ブログ
2006年10月28日

インド旅行記15 寝台列車でハリドワールへ

8/28夕方17:30発(アラハバート)の寝台列車の1等車に。
あいかわらず冷房が異常に寒い。
寒くないと冷房ではないらしく、調整をしてくれないので、車内では長袖。
翌朝の午前11:00にハリドワールに到着。17時間30分の列車旅。ほとほと疲れ
ておりました。
長い車内では、私の横にいるバラモンの彼は、占い師。インドの人は、ことあるごとに占い師の意見を聞くらしい。恐る恐る、見てもらう機会に恵まれた。
詳細は別として、ほぼ今までの人生や近日に起こったことはズバリ当たっていた。
未来についても、語ってくださったが、果たしてそのとおりになるかは、お楽しみ。

車窓からみえる朝の風景
牛も豚も共存している
女性はどんな人も皆、伝統的な民族衣装であるサリーを身に着ける
タイムスリップしたよう
100年前とあまりかわらない生活風景

駅の出勤風景
男の人は、衣装が欧米化されている
それにしても人の数は多い感じがする

駅のホームにこんな素敵なガジュマロの木陰がある
緑豊かなインドである
宗教によりサリーの色が異なる
黒は回教徒の女性で顔も半分隠す

次は聖地ハリドワールへバスで移動