ブログ
2008年6月9日

伝統構法 台湾の木組

先週の月曜日であるが、前出のインドから来たラジュー君と犬山のリトルワールドへ行ったので、その時に撮った写真を今日は掲載します。
リトルワールドへは、今までに3回来てますが、いつも子供と一緒でゆっくり見てませんでした。また、入場者が減り、存続の危機にあることも何度か聞いており、今年は無理かと思いましたが、まだ、開園してました。
リトルワールドは、単なるテーマパークとは違います。名古屋イタリア村は、閉鎖中ですが、あのハリボテ建築とはわけが違います。明治村を経営する名鉄が、本物にこだわり、本物を移築してきてます。
ですから、すごく貴重な資料館でもあります
その中でも、台湾の家は、ちゃんと移築されてる例のひとつです
日本の木組みと違いますが、非常におもしろかったです

歴史的な話は別として、木組みがちゃんとされ、土壁がついております
肘木も入れられ、中国らしさが感じられます
芸術大学の生徒たちが、木建具の原寸取りをして、学んでました
丸桁で支えられた深い軒は、暑さをしのぐための工夫です
屋根の瓦が直接したから見えます
野地板はありません
スペインなどでも、このように葺かれているのを見ましたし、4月に行ったバリでも同じように葺いてあります

漆喰と木組みのコントラスト
日本の木組みとは違いますが、素材は同じです
台湾でもこういう建物は無くなっていくのでしょう