ブログ
2008年8月25日

地鎮祭

御莨町の家
隣接した隣家との分離と解体も無事終わり、8/23(土)に地鎮祭を迎えることができました。すぐ、東に道路をはさんで小学校があり、通学路でもあるために、解体作業が心配されましたが、幸い夏休みということで、安全にできました。
解体の前にも、神主さんに寄る、お祓いの儀式を経て、今回は地鎮祭でした。

雨も小降りで、幸いでした

こういう建て替えの場合は、お施主さんが、一度仮住まいへ引っ越しをして、また、完成後に引っ越しということもあり、2回の引っ越しをすることとなり、大変な手間ではありますが、引っ越しのおりには、荷物が整理され、なるべく少ない家財道具で新生活をスタートできる点では、良い面もあるかと思います。
 概して、一戸建てに住んでいた方ほど、家財道具が多いです。

この土地は、市内でも珍しく、地盤が安定しており、調査の結果、地盤改良の必要のないところでした。最近では、珍しいですが、先人が良い敷地を購入されていたようです。
以前は、このあたりは莨(たばこ)畑であったところから、地名がついたようです。

工事の無事安全を祈願しております