ブログ
2008年6月26日

小池百合子氏!エコハウス施主として語る

元環境大臣の小池百合子氏が今年から設計して来年には自宅をエコハウスとして建てるとのこと。
既に設計も始まっている。
この講演は、「あたり前の家ネットワーク」の主催する家づくりサミットにて、施主としての立場で語られた。
最後の質疑にて、私も発言させていただき、
「是非、東京の木で家をつくり、近くの山の木で建てて欲しいことと自然乾燥して木を利用し、伝統的な技術のある職人に刻んでもらってください。選挙区ではありませんが、是非、東京あるいは埼玉の木でも結構ですから。これは意見です」との問いかけに、答えていただき、近くの山の木でつくることと職人を使うことを明言していただいた。
他団体の交流目的にて、知り合いも多いことから、お誘いもあり、今回のサミットに参加させていただいた。
地方で頑張っている工務店が、今後の展開において、混迷しており、ハウスメーカーとの違いをいかに出していくか、消費者とのかかわりについて、消費者側の意見を聞くことが今回のテーマであった。

環境大臣を務めた施主としての小池百合子氏が、エコハウスを建てることは意義のあることで、桜井よし子氏も現在エコハウスを建設中とのことも講演の中で語られた

今回の模様は、YOUTUBEにて公開します