ブログ
2008年8月28日

残された里山を開発する偽善者の大手ハウスメーカー

今晩は、名古屋の里山がなくなりそうということで、その里山を保全する運動の勉強会に参加してきました。その里山は、愛知県の方ならよく知っている名古屋の平針運転免許試験場の西側にある里山です。区画整理にも入らずに先祖の土地が守られてきたのですが、相続により大手ハウスメカーの手に落ちる寸前です。早ければ、年内にも開発がされ、貴重な生物たちの宝庫が消え去ろうとしてます。
現場には、メダカやヒメタイコウチが住むため池や、湿地に生えるモウセンゴケなどの今ではほとんど見られなくなった生物がいます

勉強会では、奄美大島で、ゴルフ場の反対運動で、アマミノクロウサギを原告にして、裁判をされた名古屋の環境問題専門の弁護士である籠橋隆明(かごはし たかあき)さんを招いて、沖縄での、ジュゴンの裁判事例などを聞きました。
人間中心の考えではなく、自然それ自体が原告になれるような裁判例はアメリカではあり、川や動物が原告になっているようです。

自然は誰のものか?

人間の経済優先論理がまかりとおる世の中です
自然の所有権は、地権者だけのものなのでしょうか?

これから、この現場の中を通る市道で、観察会を毎月開くそうです

今後もこの件については、追っていくつもりです