ブログ
2006年1月13日

甲府城歴史公園 木工事レポート6

棟梁を紹介します
藤井利和さん
故西岡常一さんを師匠に薬師寺玄奘三蔵院の復元では
副棟梁にて活躍
その後足助に戻り、弊社の仕事を助けてくれてます

木工事の加工場は足助の町から東南に車で15分登った
山奥です
途中昨日でも昨年末に降った雪が道路の上で融けていなくて
アイスバーン状態の中、大工さんたちは通ってます
現在、ケヤキの柱の加工がほぼ終わり

ケヤキの柱にホゾ穴を掘ってます

小屋組の地松を加工してます
氷点下の中外で松丸太は加工されてます
ほんとうに寒いなか
夕方は暗くなると投光機で仕事してます