ブログ
2007年7月23日

甲府山手御門

今年の3月に完成してから、4か月ぶりの訪問でした。門のまわりは、芝生が元気に伸びて公園らしくなっています。金物と木材の伸縮の違いによる隙間や漆喰の割れなどが無いか見てきましたが、見つけることができず、ほとんど問題なくほっとしました。
一年経たあとにどのようになるか経過を見守りたいです。訪問者が少ないようなので、ちょっぴり淋しいですが、甲府駅前ですので、甲府へ行かれましたら訪問してください。

渡櫓門
この2階が、資料館となっており、歴史から設計~施工中のビデオが上映されており、私の撮った写真も何枚か使われて流れておりました。山梨放送が制作しただけあって、本格的な紹介ビデオでテレビの番組になるほどの内容でした。

25階建てのマンションと伝統工法木造の建物が同時に完成
果たしてどちらがこの世に長く残る建物となるでしょうか?

私には見ることができませんが、子供や孫の代には、結論が見えるかも・・・