ブログ
2009年6月9日

銅板屋根の下地はこうなってます!

大分の現場では、銅板屋根を葺いております
その下地は、かつての萱葺きを模しており、
そのふくらみを出すのに大工さんは大変苦労します
屋根の美しさは下地で決まりますので、大工さんも最も手間のかかる部分のひとつでもあります
あばら骨のような板が並ぶ袖部分です
IMG_1007.jpg
その上に小幅板を張り、微妙カーブの立体を三次元で作っていきます
IMG_1031.jpg
棟部分は、ここに箱棟を取り付けます
IMG_1033.jpg
今週の金曜日の朝には、現地につきますので、最新の状態をお伝えできます。