ブログ
2011年3月21日

陸前高田市に支援物資を届けていただきました

3/11に起きた東北関東大震災より、陸前高田市の菅野照夫氏より電話を頂いてから、本日まで、支援物資の収集、情報収集、運搬支援、救援物資通行許可、義援金の窓口開設準備など、「職人がつくる木の家ネット 東北応援隊」の調整役としてほとんど、PCの前と携帯2台を傍らに、活動してまいりました。現在、滋賀県の大工さんである宮内寿和氏が、孤軍、陸前高田市まで、支援物資を運んで頂いております。第一陣では、3/13より準備をして、3/15に支援物資の積み込み作業を終え、3/16の朝、三重の大工さんである池山さん、増田さんにお願いして、私の事務所を出発し、新潟を目指しました。そこで、長谷川さん、山崎さんの新潟グループと埼玉から来た小町グループが合流。一路、大雪の中、陸前高田を目指しました。寒さと大雪、車両のトラブルを乗り越え、3/18に支援物資の運搬に成功しました。これも、私が受けた電話から始まり、皆さまのご尽力のおかげで、すばやい支援ができましたことに御礼申し上げます。命がけで、現地の状況もわからないままに、運転手を引き受けてくださいました皆さまには、ご無事でなによりでした。まだ、現時点では、宮内さんが、現地に着いて、帰還の途につくまでは、サポートを続けたいと思っております。引き続き、状況の変化に応じて、支援物資が変わっていきますので、今後共、ご支援のほどよろしくお願い申しあげます。