ブログ
2012年12月10日

陽が沈むのがちょっと待ち遠しくなる家(東山の家)

昨日の夜から今日のお昼頃までは雪が降ったり止んだりと、かなり寒い日となりました。
昨日は「東山の家」の内覧会を無事、終えることが出来ました。
寒い中観に来て下さった方々、ありがとうございました。
昨日の夕方撮影しました室内の様子を少しだけご紹介します。
IMG_9018.jpg
玄関に入り引き戸を開けると、真っ白で大きな曲線の壁が姿を現します。陽が沈み明かりが灯るとまるで「かまくら」のよう。やさしいひかりがリビング・ダイニングへと導きます。
IMG_8926.jpg
リビング・ダイニングでは大きなチークのダイニングテーブルが目を引きます。
他が明るい色味なので同じような明るい色味の材よりは、チークの落ち着いた色味で引き締めたほうが全体的にまとまって見えてくるかもしれませんね。
IMG_8940.jpg
「かまくら」の正体は階段。ここは収納でもなく自由な空間。小さい子どもにとっては絶好の秘密基地!
無駄に中に入りたくなってしまいます。そして畳スペース。縁がないのであまり和風色が強くなく、このような空間にもしっくりと馴染んでいます。
IMG_8963.jpg
清潔感のあるキッチン。曲線のカウンターがアクセントになっています。
IMG_8994.jpg
無垢の天板(チーク材)のあたたかい色味により、ステンレスシンクとガスコンロのシャープな色もこの空間に馴染みます。
IMG_8995.jpg
ガスコンロの後ろはタイル張り。白いモザイクタイルと木の組み合わせは相性抜群。かわいらしい作業台となっています。
IMG_8934.jpg
この落ち着いた空間は「書斎」。1坪ちょっとのちょうどいい空間。ゆっくりした時間が過ごせそうですね。
IMG_8979.jpg
シンプルな「洗面所」。丸い鏡が直線の空間にアクセントとなっています。特注で作ったステンレスの棚もしっくりと納まっています。
IMG_8947.jpg
2階の廊下からは階段照明の明かりが白い壁に反射して、なんとも幻想的な雰囲気。まるで下から明かりが湧き出ているみたい!暗くなってからのちょっとした楽しみになりそうですね。