ブログ
2010年3月26日

スウェーデンの自然学校の教師らが里山訪問

2010/3/24
小雨の中、10:00より、里山の見学が、スウェーデンから来訪した自然学校の先生5人と日本在住のナチュラルステップの訳者であるレーナ・リンダルさんを招いて行われた。
来日の忙しいスケジュールの中、雨にもめげずに平針の里山の散策をしました。
紹介された朝日新聞の記事
2010_3_24 朝日新聞 スウェーデン自然学校教員里山訪問.jpg
里山保全の代表である 名古屋大学教授の宗宮先生が説明
IMG_1296.jpg
自然学校の教師の方たちから、日本の環境に対する意識状況があまりに遅れていることを学びました
IMG_1336.jpg
宗宮先生宅にて、自然食のおべんとうを食べました
IMG_1358.jpg
午後から、場所を名古屋工業大学へ移して、シンポジウムを開きました
IMG_1384.jpg
ミア・ブシュットさんの説明は、リンゴをむきながら、我々の持つ農地の広さを表現していただき、ペットボトルの水から、いかに我々が利用している淡水の量が少ないかを表現していただき、これが、現状だということを知るよい機会になりました
IMG_1388.jpg
会場には、多くの方が来られ、長野や大阪からも参加されました
IMG_1413.jpg
シンポジウムのあと、紛糾する名古屋市議会へ表敬訪問。
ちょうど市議会の休憩と重なり、副市長の部屋で、副市長と10分間のお話をすることができました。
子供たちへの環境教育の大切さと、平針の里山の保全をお願いしました。
その後、夕食をともにし、名古屋駅から次の目的地である京都へ見送りました。
環境教育の先進国であるスェーデンの現状を知り、国内でも、「環境法典」をつくる必要を強く感じました。今後、NPOとして、国に提言をするような運動をしていこうと思いました。