ブログ
2005年5月25日

あいちの木で家を造る会 講演会のお知らせ!

あいちの木で家を造る会
第5回総会記念講演

場所:名古屋市公会堂3階(第5集会室)
5月26日(木)午後3時30分~4時30分:参加無料>『木造住宅の耐久性能を考える』
~歴史、文化、技術の観点から~
★講師 平嶋義彦氏 
(名古屋大学大学院生命農学研究科教授・農学博士)
■プロフィール:1944年山梨県生まれ。農林省林業試験場構造性能研究室長、静岡大学農
学部助教授、名古屋大学農学部教授を経て、1999年より現在に至る。
現在、ヨーロッパ科学アカデミー会員、国際木質科学アカデミー会員、木質構造審査・ 
評定委員など。木質構造限界状態設計法小委員会主査、愛知県木造住宅耐震診
断マニュアル作成委員会委員長歴任など。
【研究室のHP http://www.agr.nagoya-u.ac.jp/ 】 
あいちの木で家を造る会会長
 十年前の兵庫県南部地震以来いくつかの地震が日本列島を襲い、そのたびに木造住宅 は少なからぬ被害を出しています。なぜ地震のたび
に木造住宅は被害を受けるのでし ょうか。木造住宅の耐震性能については、従来もっ
ぱら耐震設計といった技術の面だけから検 討されてきましたが、さらに歴史的、文
化的側面からもみる必要があります。この講 演ではこのような視点で木造住宅を考
え、問題点を明らかにしてみたいと思います。この問題点を乗り越えてあいちの木で
造った「あいちの木の家」につながっていけばと思います。

あいちの木で家を造る会事務局
名古屋市西区名塚町1-77 tel/fax(052)522-3988
info@aichinoki.jp


2005年5月11日

近山スクール特別講座「ヤマベの木構造」残りわずかです!

プロフェッショナル向け
特別講座は好評につき残り5名となりました
定員になり次第締め切ります

■近山スクール特別講座「ヤマベの木構造1・2・3」  
木や土など自然素材で建築をつくりたいと考えておられる建築土、工務店、職人の皆様を対象に、構造についての考え方を最新の知見や情報を交えながらわかりやすく講義を進めます。講座の中ては講義に加え、ディスカッションや受講生が関わる事例 を取り上げての解説など、実務に役立つ構成にしたいと考えております。

講師 :山辺豊彦
会場 :名古屋工業大学(名古屋市昭和区)
集合方法:現地集合
第1回 7月30日(土) 地盤について/地震について
第2回 8月27日(土) 木組みの可能性/土壁の可能性
第3回 10月22日(土) 構造デザインと「近くの山の木」

定員20名(申込先着順)受講料20,000円 (講義3回、資料代込み)講義時間:13:30~16:30

募集期間 :4月27日~5月20日
申込方法 :下記の連絡先に問い合わせてください。
連絡先 :近山スクール名古屋事務局 藤岡
〒466-8555名古屋市昭和区御器所町 名古屋工業大学 藤岡研究室
E-mail:c-yama@archi.ace.nitech.ac.jp FAX:052-735-5182


2005年5月10日

近山スクール名古屋 受講生募集中!

「近くの山の木で家をつくるスクール名古屋2005」のご案内
「近くの山の本で家をつくるスクール名古屋」(略称:近山スクール名古屋)は、「近くの山の木で家をつくる運動」 を推進するNPO法人緑の列島ネットワークの共催のもと、名古屋工業大学「木の文化研究フォーラム」が主催す る「木と木造」を学ぶための学校です。
「近くの山の木」で長持ちする木の家をつくることは、日本の山々とその山々を源とする川の流域全体の環境を守 るだけでなく、住まい手の健康に配慮し、伝統文化を次世代の技術に活かすことにつながります。その大切さを理解 し、実践する人材を育てる事こそ、近山スクールの目的です。
昨年に引き続き、各方面でご活躍の森と木の文化についてのスぺシャリストの方々に、講義とフィールドワークを お願いしております。今年は、山の現状と文化の理解、木を活かした住まいづくりのデザインメソッドなどをテーマ とした「一般公開講座」と「基本講座」、木を活かした建築を構造的に理解していただくためのプロフェッショナル 向けの「特別講座」を用意いたしました。

近山スクールー般公開講座

 これからの森林のあり方や木の文化、暮らしについて多くの方に関心と理解を持っていただきたいと考え、一般公開講座を開催いたします。どなたが聴いても興味深くわかりやすい内容です。

開催日  6月4日(土)
講師 鈴木有(元秋田県立大学教授)
テーマ 「近くの山の木」で家をつくるために/ 中越地震で木構造は…

会場 名古屋工業大学(名古屋市昭和区)
集合方法 現地集合
 定員70名(申込先着賑)受講料1,000円(講義1回、資料代込み)
講義時間:13:30~16:30


2005年5月2日

自然素材生活館 庭完成

自然素材生活館においでください
昨日までは、すぐ横の名古屋ゴルフコースでは中日クラウンズの熱い試合がされ、18番ホール横の自然素材生活館では、多くのギャラリーの声援が聞こえておりました。

東側入り口
石垣の上にかかる木製のはね橋から渡って
園内の木道から庭を通って玄関に向かいます

庭の下を歩く園路は、雨の時の排水路も兼ねてます
仕上げは、リサイクル材の瓦のシャモットの洗い出しです

小屋の前にある花壇は季節の花が咲きます
チューリップが終わってしまいましたが・・・

湧き出す泉の水は、雨水を利用してます
散水やトイレの水はすべて雨水を利用してます

園路とせせらぎが交錯しながら流れてます
せせらぎは泉からの雨水が園内を流れます
芝生は植えたばかりなのでまだ全部青くなってません

名古屋へおいでの時は、是非お立ち寄りください