ブログ
2007年6月30日

宮古島 9

6月29日 今日も快晴 一日強風。快適。
屋根から見える海岸線
エメラルドブルー

海に見えるのは、車えびの養殖場

野地板張りで、大工さんは、グロッキーに

地元の職人さんが大活躍です

沖縄の神様を大黒柱に祭りました
満ち潮に替わるときにお祭りしました
屋根をかけた瞬間から家の中心に宿る家の中心に宿る神様です

宿泊中のたかつんや
おかみさんの心遣いに感謝してます
おいしいおべんとうも作っていただいてます
民宿とは思えない構えの建物です
360度の視界はすごいです
リピーターの多い宿です


2007年6月29日

宮古島 8

6月28日 晴れ 太陽が2つあるくらいの日射量。一日中今日も風が強い。風速10m以上の風が止むことがない。
宿から見える朝焼け。ほぼ360度視界の小高い丘にある。

棟上
棟木を天秤に取り付ける
風が強いのに、ユニックでの建前は、いつもの作業の半分しか進まない。
作業者全員が暑い中でも一生懸命組み立てる。

隅木を取り付け、垂木をとりつける
今日は、スコールが無いので、順調。

組みあがった垂木
青空が美しい。デジタル処理したようだ。


2007年6月28日

宮古島 7

6月27日 晴れ 1回さわやかスコール。
朝8時より柱建てから作業を開始。レッカーのレンタルが無いので、建設会社所有のユニックで、家の周りを移動しながらの建前。なんとか大黒柱を建てるところまで完了。
休憩は、10時、12時、3時、5時と日射をさけながら、たっぷり水分をとる。夕方ころには、日焼けで、顔がひりひりしてきた。

私は、今日は、石屋さんになったり、大工になったり、アンカー打ち屋さんだったり、としっかり現場員として労働して、普段とはまったく別の仕事で、汗をかき、おいしいご飯を食べてます。

秋田より屋根の断熱材のフォレストボードが到着しました。
はるばると遠方より来た材料を丁寧に使います。
地元では、ナイチャー(内地の人)が珍しい家を建ててるとのことで、時々、車をとめて見学に来る人もいます。

となりの公園の展望台にて昼食です。絶景のなか、仕事じゃなきゃこんなとここれないねと会話がはずみます。

ツートンカラーに日焼けした顔の棟梁 梁瀬氏40歳。宿からお弁当が配達されます。


2007年6月27日

宮古島木の家プロジェクト6

6/26名古屋を8:30のANAで経ち、梅雨の名古屋から梅雨明けした沖縄へ。前線の影響で、南風が一日吹き、日差しは強いが、名古屋より涼しい。
敷地のすぐ横は漁港が見渡せる公園ができていた。

予定では、私たちが到着する前に荷物が降りてるはずであったが、そこは、宮古島、予定がゆっくり進む。手配したレッカーが朝から来ずに昼からに・・・とうとう今日はレッカーは来ずに、ユンボとリフトで荷物を降ろした。

土台を敷く。この作業は、ボルトの位置を墨してドリルで穴をあける。それにしても日差しが強い。奈良で修行した若手大工さんが、宮古島に住んでおり、応援にきてくれた。

基礎パッキンの御影石をセメントのろで取りつける。

19:30作業終了。まだ明るい。西日がものすごく強い。
名古屋から同行した2名の大工はタオルを巻いていたので、日焼けで、顔がツートンカラーになってしまった。当初の予定の作業工程まで進み終了した。
宿に帰り、一日の疲れをいやす晩酌して、新鮮な刺身の夕食をいただきました。


2007年6月23日

電磁波で白血病

送電線などから出る電磁波についてWHOは、18日新たな環境基準を発表。
小児白血病にかかる確率が2倍程度
(毎日新聞切り抜きー右下にあらわれる拡大記号を押していただくと全文が読めます)

以前より電磁波については、アメリカやヨーロッパでは基準が作成され、その付近に住民が住まいを造らないのが「常識」なのですが、せまい日本では、まだまだ、順守されることなくBSE問題と同じくなおざりにされてます。土地の高い日本では、高圧線の下は安く販売されている事実もあり、ガンとの因果関係も国として証明されないままにきてます。2年前の8月に厚労省は認める発表をしてますが、対策が具体的になされてきたか、よく知りませんでした。今回は、経済産業省が、健康影響について考慮して規制を検討するらしいが、どこまで、踏み込んだ規制ができるやら。食品問題、農薬散布問題など様々な裏で知ってるけど知らないふりして経済を優先する日本人は、ととも美しい日本などをつくることはできない。国が国民のためを思うなどということは無いことを知ってはいるが、国民はいつまでもこのままでいいのだろうか?いろんなところで、いろんな問題があり、建築の建材にもまだまだ問題は隠されている。本物を探し、本物だけが生き残れる時代が到来したと思う。


2007年6月22日

宮古島木の家プロジェクト5

本日朝より5時間かけて、宮古へ送る材料を積み込みました。家1軒分の構造材、造作材すべてを積み込みました。そのほかに、お風呂や玄関の床石、基礎パッキンの石、無農薬で栽培した稲藁(これは、友人のご厚意により分けていただきました。荒壁のスサとして混ぜ込みます)竹小舞用の愛知産の竹、わら縄、中塗用のスサ、などなど。隙間なく積み込みました。

トレーラーはボディ長さ11.5mで、高さ2.4mまで積めます。
規制ぎりぎりの2.3mまで積みあげました。明日の朝、名古屋港でフェリーに積まれ、6/26朝に宮古島に到着します。私も、大工さん2人と6/26の朝中部国際空港セントレアよりANAにて那覇経由で、乗り継いでお昼頃に宮古島へ到着予定です。遅れて、左官さん2人も7/2より、竹小舞い組~荒壁付けの作業に入ります。
現地から毎日ブログをアップの予定です、このブログを訪問されたかた応援よろしくお願いします。


2007年6月20日

宮古島 木の家プロジェクト4

6/20 足助の材木置場に、玄関やお風呂に張る御影石を荷降ろし
明日の朝から出来上がった木材料をすべて集合させ、明後日いよいよ宮古島に向けて出荷予定です。屋根に使う断熱材のフォレストボードは、本日秋田県より出荷されたとの連絡。
簗瀬大工棟梁も全部の加工が終わり、昨夜は、やっとよく眠れたとのこと。 今日は、込栓の面取りをしてました。

加工も終わり、紅白の布の巻かれた大黒柱

管柱や束には紙を巻いて、手垢が染み込むのを防ぎます


2007年6月18日

宮古島 木の家

木工事

材料は、柱、土台はヒノキ、その他は杉です
すべて愛知県三河材の天然乾燥材です

大工工事
豊田市足助町で木材の加工をしてます

いよいよ大詰めに入り、大工の刻みも最後の段階。明日には、柱の紙巻きをして、木曜日には材料加工が完了して、金曜日に12mのトレーラーへと積み込みます。
竹小舞いの材料である竹や縄、すさも同時に送ります

梁の継ぎ手は、追っかけダイセンです

大黒柱です (ひのき)刻み前です

板図です
完了したものからチェックされていきます


2007年6月16日

つくり手の声

木の家ネット ブログ活用コンテンツ
1)あなたが家づくりをしている地方の気候風土について教えてくださ い。

愛知県は、尾張地方と三河地方というように2つの地域に大別されます。この分け方は廃藩置県の前にさかのぼるわけですが、私の住む地域の尾張は、北西~西側~南東側の木曽三川の河口付近に広がった平野部分と東北~東側の丘陵地帯とに分けられます。冬は伊吹山からの伊吹おろしの影響を受け寒く、少雨、乾燥。夏は、南東の伊勢湾からの風で、高温、多湿で蒸し暑く、決して過ごしやすいとはいえない地域です。三河地方は、三河湾を囲む温暖な平野の地域と北東部の冬の厳しい山間地域とに別れます。

2)気候風土がいちばんきつく感じられる季節はいつで、どんな風にきついですか?

やはり高温多湿の夏です。空調に頼る方が多いです。

3)気候風土に関していちばん気を配っていることを、実例の写真など を交えて、教えてください。

風通しと庇による日照の調整。室内の調湿機能を高める土や木材などの自然素材だけの室内の内装。
屋根からの輻射熱を防ぐために、自然素材断熱材を基準より厚くする。
最上階に天井を設けずに、小屋裏通気を重視することにより、滞留した熱い空気がたまらないようにする。

4)その他、住み心地のいい室内環境をつくるために工夫していることがあれば。
床下からの冷たい空気を玄関内へ取り入れ、夏の室内温度を少しでも下げる

5)家の住み心地について、お施主さんからのコメントがあればお願い します。

最近のプレファブのような家は、夏は、留守にして帰るとムッとするが、この家は、ホッとするほど涼しい。
夏の日中は、窓(できれば雨戸も)しめて、極力日射を避けることと戸外の熱い空気の流入をさせないほうが、かえって室内が涼しい。


2007年6月11日

つくでマウンテンバイクスクール

昨日は、大雨洪水警報の中、愛知県作手村(現新城市)つくでマウンテンバイクスクールの例会に次男坊とでかけました。降りしきる雨の中の山道を抜けてつくで高原へ。
午前中は、バイクのメンテナンススクール。タイヤのパンク時の対処として、いかに早くリムからタイヤを外すかを習い、そのあとで、時間を競いあいました。初心者の部門で見事一位となり、チェーンオイルの商品をいただきました。

午後からは、うそのように晴れて、参加者とツーリングにでかけました。
山道は濡れていてすべりやすく、雨水のはねあがりも強く、ぬかるみや水たまりもあるなか、16kmの山道を走破。よい運動になりました。
途中の休憩中に集合写真をとりました。
次男坊は、体力差とバイクのギア比もあり急な坂道は、乗ったまま上ることができずにひいて上りました。

スクールが終わって16時から1時間だけの約束で、近くの渓流で釣りをしました。
釣った魚は全部で6匹でしたが、すべて川にリリースしてきました。
次男坊も大満足です。
帰りの車は、乗るとすぐに爆睡でした。
今朝は、運動のせいで右足の筋がつるほどの筋肉痛です(笑)