ブログ
2007年7月31日

土岐の家

屋根瓦
真っ青な空。遠くに恵那山も見え、夏にしてはクリアに遠くまで景色が見えました。
屋根瓦を拭く工程に入りました
引っかけ桟葺きです

夏の暑さの中での屋根屋さんの仕事にはいつも敬服いたします
常に外の仕事ですからね・・・・本当にバテてしまいそう・・・
感謝です


2007年7月30日

岐阜県 春日村

春日局の出身地である春日村の森を訪ねました
岐阜県の揖斐川の上流部分です。
森の博物館というRCの立派な建物のあるキャンプ場から貝月山へと登る登山道を1時間半ほど、登山道を登りました。
川上りのルートは何度も丸太橋や飛び石で川を渡りながら上流へと登ります。
御影石の山であるので、水がすごく透明で美しい渓谷です
目的地は三段の滝です。
釣りざおを忘れたのが心残り。
マイナスイオンをいっぱいに吸い込んできました
日ごろの運動不足とパソコンの前から動かない生活が続くと自然が恋しくなります。
こんなにいいところなのに、とうとう往復3時間の間に誰とも会いませんでした。

熊出没注意の看板がいくつもありました。
クマと遭遇したら、にらみ返して、決して目をそらして逃げないことだそうです。
本当かいな?

村の文化財の栃の木
古木で大きな木です
この上流にも、もっと大きな栃の木が2本ありました

きれいに咲いた山野草

オカトラノオ

参議院の投票は、期日前投票で済ませておきました
どっちが勝ってもいいけど
建築基準法も見直してほしい
弱者に厳しい悪法はいらない
国民の財産を守る法と書いてあるのに・・・・おかしい・・・・
役人さんがおかしいのでもない
個々はみんなきっといい人なんだろうけど
わかっちゃいるけど、わからずに進んでしまう

姉歯さんがしたことは、今頃、我々にも効いてきた
まじめにやろうが、手抜きしようが、どちらも同じじゃ割にあわない
それでも、地球と未来の子供のためにコツコツと信念で造るしかない


2007年7月28日

地震の話を聞きました

7月25日 (京都) 伝統工法実験の報告会

京都大学 鈴木教授 らによるEディフェンスの実験報告会を聞きにいきました
全国から250名の聴衆で満員の会場でした。
木の家ネットや緑の列島のメンバー、知り合いの材木屋さんなど、顔見しりが多くいました。
伝統工法への関心が高いことがよくわかりました。

今回の実物大実験の報告は、専門的すぎて、この結果を現場のものとしてどうやっていかすべきかを考えさせられました。
少なくとも、伝統木造住宅の強さを立証できたことは確かですが、条件によって異なるであろうことは予測どおりです。

今回は中越沖地震のすぐあとということもあり、現地の様子を伝える写真も発表されました。

今後は、現場を踏んだ建築関係者が、この結果を踏まえて、伝統を守りながらも、新しいデーターの裏付けをもって新しい木構造を構築していく必要があると思いましたし、まだまだ、工夫の余地があることを実感しました

7月26日 (東京) 住まいを予防医学する本の出版記念 公開スクール

連日の勉強会でちょっと疲れ気味の私でしたが、この日は、「宮古島」の話を載せていただいた本の出版ということで参加してきました。

ここでは、東大教授 建築構造 の神田教授による講義を聞いてきました。
やはり、地震の話で、ハザードとリスクについての話などを聞きました

神田教授には、今回の宮古島での住宅のうける風圧についての検証をお願いいたしました。風速100mでは、シュミレーションでどのような結果がでるか、楽しみです。

東京大学 神田教授 HPにて建物の構造評価についてのシュミレーションができます

http://ssweb.k.u-tokyo.ac.jp/


2007年7月24日

材料見学

風越の家
梅雨明けした 7/23(月)午前 
足助の鳥居材木店にて建築に使用される材料の見学にご家族で起こしになられました。
現在、大工さんが、建前材料の木取り中で、棟梁と対面していただきました。

工場の中のひのきのカンナくずや木端は、工作の材料になったり、お風呂にいれると香りがいいです。
 子供たちが、工場から材料を見てもらって、将来、思いだしてもらえば、木の家に大切に住んでいただけるかと思います。
 現在、現場は基礎工事中です。


2007年7月23日

甲府山手御門

今年の3月に完成してから、4か月ぶりの訪問でした。門のまわりは、芝生が元気に伸びて公園らしくなっています。金物と木材の伸縮の違いによる隙間や漆喰の割れなどが無いか見てきましたが、見つけることができず、ほとんど問題なくほっとしました。
一年経たあとにどのようになるか経過を見守りたいです。訪問者が少ないようなので、ちょっぴり淋しいですが、甲府駅前ですので、甲府へ行かれましたら訪問してください。

渡櫓門
この2階が、資料館となっており、歴史から設計~施工中のビデオが上映されており、私の撮った写真も何枚か使われて流れておりました。山梨放送が制作しただけあって、本格的な紹介ビデオでテレビの番組になるほどの内容でした。

25階建てのマンションと伝統工法木造の建物が同時に完成
果たしてどちらがこの世に長く残る建物となるでしょうか?

私には見ることができませんが、子供や孫の代には、結論が見えるかも・・・


2007年7月22日

宮古島 26

7月21日
宮古島からのお施主さんからの報告によると晴れ最高気温34℃ということです

宮古島に移り住んだ大工職人の伊達さんが、今日から内部造作工事に入りました。材料は、全部構造材と一緒に送った愛知産の材木です。

建物の中は涼しいようで、予定通りの家ができることを楽しみに皆さんが待っていてくれます。

今朝は、甲府で朝を迎えましたが、名古屋よりかなり涼しい朝です
タオルケットでは、寒くて朝早く目がさめてしまいました
日中は暑くなりそうです


2007年7月21日

宮古島 25

7月20日の宮古からの報告 暑いそうです

少しレポートが空いてしまいましたが、現場は順調に進んでおります
アルミサッシは、玄関と勝手口を除いて特注でしたので、島内で製作して、すぐにできました。これも、特注なのに対応してくれる業者の対応の早さに感謝してます。かえって、既製品は本土からの輸入(?)でしたので遅くなり、勝手口がやっと本土から届き、西面の板も張り始めることができました。

宮古島には川砂というものがなく、サンゴが石灰岩となり、それを細かく砕いた石の粒が砂として手にはいります。私から見るときれいな砂のようで、愛知に持ってきたら、庭に敷いたら南国気分になれるきれいな砂です。建物の手前に盛ってあるのがそうです。これは、電気屋さんが、電線を地下埋設するので穴のまわりに保護で入れるために現場に入ってます。所変われば、建築材料もかわります。

内部中塗り
荒壁からあっというまに中塗り
連日33度の現場は、快晴ですから、よく乾きます

大工さんの造作工事は、内部に入り床張りが今日から始まります

新潟の中越沖地震では、木造住宅が倒れたとマスコミは大騒ぎ。宮古島には、木造が建っているのは台風のために非常に少ない。新しいものも探さないと見つからない。ましてやみのもんたの宣伝する○○ホームも無い。もしも、中越沖のような地震が沖縄地方で起こったらRC造が圧倒的に多いなかで、マスコミの報道はどうなるのであろうか?中越沖地震で、ちゃんと立派に残っている木造がほとんどなのに、大工さんにとって迷惑な話である。人々の生活は地震に立ち向かうためだけに生きてるわけではないから、日々が快適に、健康に過ごせる住空間を提供することが第一にしたい。

土曜日の今日は夏休みも始まり高速が混みそうですので、夕方から甲府へ向かいます。甲府の門が完成して、4ヶ月も見てないのでどううなっているか気になります。


2007年7月20日

とよた森づくり委員会

7月17日の午後は、とよた森づくり委員会の第1回目の委員会であった。今年の3月まで2年間勤めたが、継続でこれからまた2年間を委員として、ご意見を述べさせていただくこととなった。建築関係者は、私だけなので、近山の木を流域でいかに活用するかという木材利用促進分野についてのプロとして提言していきたいと思っている。初回の会議では、新しい委員も含めて、豊田市長より委員の任命書を渡され、これから実際に具体的な計画で、とよたの森25000haを10年間で150億円をかけて、間伐をするプロジェクトのスタートである。これは、全国でも画期的なことであり、この委員会での一部始終を豊田市のHPで実名で発言を公表して、会議の具体的なやりとりを隠すことなくプロセスを明らかにしながら、プランを進めていく。ブログでも具体的に報告していきます。まずは、8月15日よりパブリックコメントの期間となりますので興味のあるかたはご意見ください。

豊田市森づくり委員会記録

パブリックコメント受付


2007年7月19日

中越沖地震について

新潟中越地方の方には、前回の中越地震の記憶も新しいなかで、続いてこのような震災に見舞われ、亡くなられた方にはお悔やみ申し上げます。
 連日のマスコミの報道で「木造が倒れた」「木造がつぶれてた」「瓦が重いからつぶれた」などなど・・・・木造を専門で建てている者にとって、聞くに堪えない報道です。
 これで、全国でまた、古い伝統木造建築が姿を消すスピードが増したでしょう。マスコミは、見たままの報道をしているわけで、決して間違った報道をしているわけではないかもしれないけど、聞いてる人によっては、木造が弱いような表現でもある。
 建っていた建物の90%以上が木造建築であったわけだから、倒れた件数が多いのも仕方ないし、古いメンテナンスのされていない建物で、明らかに店舗や車庫などに1階を利用していたアンバランスな建物が倒れているようだ。
 逆にいえば、木造が全部倒れたわけでなく、ちゃんと建てた木造は90%以上倒れていないわけで、強い証拠にもなるのではないだろうか。
 また、今回も地盤が軟弱である場所の建物が圧倒的に倒れているわけで、木造自体が弱いということにはならないと思う。大切なのは、地面の中である。
 瓦は、阪神大震災以降、土葺きが減り、引っかけ葺きが大半であり重量もかなり軽減されて、最近の建物では特に大きな問題はないと思う。
 この機会に、プレファブメーカーの逆宣伝に使われてしまわないかと心配である。
 未来のゴミを大量にストックしている石膏ボード住宅が日本の伝統建築になってしまうのだろうか?そんなことは絶対に許されない。私たちは、ちゃんとした説明ができるように知識を持つ必要がある。


2007年7月15日

近山スクール名古屋

昨日は、名古屋工業大学で、近山スクールを開催しました。
山辺豊彦氏と丹呉明恭氏の2名の講義を聞きました

詳細は、別の緑の列島ブログで書きました