ブログ
2008年4月30日

稲荷社 木組(階段)

向拝部分の階段
段板は、板ではなく角材の形で使います
構造的にも強いです
釘は使わずに組むだけです

仕上がると階段の下は、ふさいでしまい、入ることはできません

亀腹
仕上げた亀腹の型を取って、それに合わせてRの加工をしてひかりつけます


2008年4月28日

稲荷社 木組 (屋根下)

屋根下の木組です

化粧たる木が納まりました
茅負の上に
裏甲(手前に不ぞろいになっている板)
を取り付け中です

隅ハネ木は、母屋の下に斜めに入っている部分です
隅の部分の垂れ防止のために入れます

破風板がとりつきました
この破風板は、一枚板です
曲がっているので、3尺の幅の板から取ってます

垂木のピッチは、細かく入ってます

内陣の扉が取り付けられました

鈴木建具さんが、緊張して組んだ一品です
柱を立てながら、同時に建てこみます


2008年4月26日

稲荷社 木組み

この建物は、流れ造と呼ばれ、屋根が正面に向かって、向拝部分に流れてきており、妻が側面になります。

この写真は、向拝部分が手前です

下から、向拝部分の虹梁(こうりょう)
その上に変える蟇股(かえるまた)、斗(ます)
丸桁です

奥の部分は、内陣部分となります

毛布の掛かっている部分は、海老虹梁(えびこうりょう)


2008年4月25日

稲荷社 伝統工法の木組

木鼻(きばな)

伝統的な彫刻が施されてます

蛙股と斗(かえるまた、ます)

蛙股と妻板の納まり

木鼻と斗栱(ときょう)

斗(ます)・・・・四角いマスのような形をしたもの
栱(ひじき)・・・・(肘木、肱木)とも書く。斗や桁等を載せる断面長方形の角材。

斗栱とは、この両者が交互にくみあわされたもの。

下から、木鼻、その上に大斗(だいと)、枠肘木、外側に巻斗、中心に方斗、
その上に、軒桁を受ける実肘木(さねひじき)


2008年4月21日

稲荷社 棟上

高台に建てているせいもありますが、強風が吹くなかでの、組み上げとなっております。今日の現場からの連絡によると風もおさまったようです。
今回の遠征での仕事は、藤井棟梁、成田棟梁、足立さん、矢島さん、花木さんの5名の大工さんで建築中です。

(写真1)は、西妻部分の蛙股(かえるまた)を納めているところです

右奥に見えるのが、日本猿の群れで有名な高崎山です

真ん中が、藤井棟梁、左側が成田棟梁、右側が花木さんです

妻梁を納めています

藤井棟梁と成田棟梁は兄弟弟子です

ベルトでしめて、建てお越しの調整中です
組物が多いので微妙な調整が必要です

これから、屋根部分の仕事へと移っていきます

私は、この時点で、名古屋へ戻ってきましたので、
今度報告できるのは、来月の中旬ころになります

大工さんたちは、このまま銅板葺きの板金屋さんの仕事ができるところまで組み立てて、ひとまず帰ってくる予定です。


2008年4月19日

稲荷社 柱建て

一昨日、現場に大工さん5人と到着しました
雨がふっていたので、仮屋根をかける作業をして
昨日、柱建てがはじまりました

内陣部分の壁と向背の柱が建ちました


2008年4月15日

基礎工事

味鋺の家

基礎工事に着工です
基礎工事の前に庭になる部分に植栽用の客土をします
基礎ができてからでは、運搬が困難になるために、先行して工事をします

元の地盤の土を捨てて、新しい土と入れ替えます

丁張り
建物の位置と高さを木の貫板に記しておく工事です

根切り
あらかじめ柱状地盤改良した杭頭の部分まで掘り下げます
根切りとは、土を掘って基礎のベース底を出す工事です

GW明けには上棟の予定です


2008年4月14日

ガーデニング

古出来の家
ガーデニングは、加藤さんの担当です、旦那さんの鉄人羽生くんもお手伝いです。
もともとあった、石も利用してます

草花を中心に庭が造られます
まだ、作業途中です

完成しましたら、またアップします

エステックウッド
木塀は、腐りにく安全な加工がしてある材料で無塗装で作りました

車庫の床は枕木と砕石です
この枕木もエステックウッドです

レンガで足洗い場をつくりました


2008年4月13日

稲荷社 金物完成と建具屋の仕事

先日、京都で製作をお願いしていた錺金物(かざりかなもの)が金箔を張られて完成してきました。
藤井棟梁が持っているのは、破風尻につける金物です

完成した舟錠です
銅製で金メッキ仕上げです

豊田市の鈴木建具さんが担当してくれた扉です
一枚板でできており、軸の部分も一枚板から削りだしてます
失敗が許されない緊張感で、大変だったと話してくれました

原寸図の上に載せて、寸法の確認をしてます

扉の錺金物を当てて完成状態の確認をしてます
金物は、建てこみが終わってから取り付けます

これでほぼ準備完了です

いよいよ明日から現場への積み込みの準備です


2008年4月12日

稲荷社 彫刻師の仕事

彫刻師 駒田さん
彫刻師の駒田さんは、190センチの大柄な優しい眼差しの男性です。
どっしりと座布団に座って繊細な彫刻を丁寧にしていただいてます
非常に根気のいる仕事です

彫る材料や形によって、様々な彫刻刀やカンナを使います
ほとんど手作りで作られた道具です
座っている傍らには、常に刃物を研ぐ砥石がおいてあります

彫る丸みや深さによって、カンナの歯を削り、台の木も削り
その丸みに合わせて道具を製作します
その場所を彫るためだけに一度しか使えない道具もあります

こんなに小さなカンナをつくります
今回の蛙股の隅をさらえるために作られたカンナです

ひとつの箇所を掘るのに何度も道具をかえます
この場所だけで、ほんの少しの間に3~4本の道具がかわりました

仕上がった天秤です
いよいよ来週組み立てられます