ブログ
2008年10月30日

自然環境の破壊がもたらす経済損失

現実の世の中では、すべての物が独立して存在してません
すべて相互依存しているからこそ,
その物が独立しているかのように見えるのです
ですから、人間と自然というように対立して、ここが独立して存在してるのではなく、人間も自然の一部なのであり、自然という概念の中に存在しているのです
空気も水もなければ生物は存在できません
人間も生物ですから、空気や水がなくては存在できないことは、みんな知ってるはずです。
でも、実際の生活となると別になってくるのが人間の「勝手な都合」だと思います
資本主義においては、どうしてもお金に換算しないと理解ができないようなので、本来はお金で表現することについては、抵抗もありますが、欧州では、下記のような、自然破壊をお金に換算する研究がされてます

名古屋では、なぜだかCOP10を開催することとなりました
世界中から生物多様性の会議に人々が訪れます
それをする資格がある都市とはとても住んでいて考えられません
会議をすることによる経済効果を望んでいる業界と名声の欲しい行政
行政は、100カ国以上の人々と会議をして
数分間のスピーチを聞く場を与え、会議を運営することに奔走する姿が見えます

本来であれば、生物多様性も守る努力をして成果をあげている都市がすべきと考えます
あるいは、遅くないので、今からすぐにでも、そのような成果をあげることに耳を傾けてほしいものです

自然は、個人の所有物なのでしょうか?
貴重な自然をこれ以上破壊していくことに肝要な行政なら
世界から笑われます

民間の環境運動の結集が緊急に必要でしょう

今日もまた、里山がなくなり、緑が消えていきます
ヒートアイランドが都市を襲います
お金に換算するといくらなのでしょうか?

(以下 BBC news 抜粋)10/10

現在、世界的な規模の「banking crisis:金融危機」が生じています。それは「経済の血流である資金の流れ」を止め、私達の生活に大きな苦痛をもたらしつつあるのですが、EUによって委託されたある研究は「自然環境の破壊がもたらす経済損失は、実際にはそれを遙かに凌ぐ巨大な規模になっている」、と警告しています。

「The Economics of Ecosystems and Biodiversity:Teeb」というその研究からは、森林の損失によって生じている年間コストが、2兆ドルから5兆ドルという規模に達している事が主張されています。それに対して、現在の金融危機でウォール街の金融部門が被った損失は1兆ドルから1兆5000億ドルにすぎない、と研究者は指摘しています。

しかも「金融危機」による損失が、一過性の損失であるのに対して(均衡点が必ず訪れる)、自然環境の破壊からもたらされる損失は、継続的にのしかかってくるのだ、という事が強調されています。

詳細は記事にリンク


2008年10月29日

ナマステ インディア

2008/10/26
ナマステインディア IN 刈谷
去年に引き続き参加させていただきました
今年は、ボランティアとしてレインボーホームの募金活動をさせていただきました

このブログの告知を見て,
雨にも関わらず、多くの方に来ていただきまして真にありがとうございました

インドの子供たちの笑顔に満ちた愛をいただき
募金していただいた皆さまにも心温まるお言葉をいただき
感謝いたします
息子と参加させていただいたことは、親として大きな喜びです

本日集まった募金をNPOレインボー国際協会に寄付させていただきました

「あなたは、この世に望まれて生まれてきた大切な人」というマザーの言葉どおり、それぞれ立場や生まれた環境は違います。
でも、すべて必要な生命としてこの世に生を受けたわけですから、大切に生きていきたいですね。

(この活動は、宗教活動ではありません。マザーの精神は、すべての人に平等です。宗教を超えてます。)

息子は、この日の当日の朝、早起きをして、前日に美濃へ出かけたおりに、建具屋さんにいただいた木の木端で、募金箱を作りました。
私が、ペットボトルでもいいよというのを押しのけてどうしても自分が作るのだといいながら、素朴な木の箱を製作してくれました。
当日は、この募金箱がいっぱいになりました。
一日、ホール内を歩いて、大きな声を張り上げて募金活動をしてくれました。

息子にも感謝です。


2008年10月28日

伐採現場見学と白山神社

近山スクール名古屋 
2008/10/25 
早朝5:45に家を次男を連れて出発
6:30に名工大に実行委員が集合して、学生4名を乗せて一路美濃白鳥へと90分の高速道路での移動でした。
前日の雨もあがり曇り空ではあったが雨もなく助かった。

30mのスギの木を伐採して、製材へと運ぶ
山の仕事は大変だ
いつも危険と隣り合わせ

伐採作業のあと、チェンソーの手入れをしている様子を見学

白山神社
樹齢600年以上のスギの御神木
参加者みんなで見学と参拝

宮司さんから白山神社の由来を拝聴する
白山という偉大な山から美濃尾張平野を潤す水の源が出ているとのお話でした

立派なご神殿と拝殿の白山神社

私の住む日進市にも白山宮があります
全国にある白山神社の源の一つだそうです

関連ブログ(こちらにも大江が書きました)

http://green-arch.or.jp/school/?p=150


2008年10月27日

日本の伝統 漆の技術

今日は、長野県平沢宿にある春野屋の小林さんを訪ねました
約60年前に購入され骨董となった座卓の漆が古くなりましたので、漆をもう一度かけてもらうために工房へ行きました。
小林さんとは、かれこれ14年ほどのおつきあいで、住宅の床や浴槽などの漆塗りをお願いしてます。

写真は、漆を乾かすムロです

このおわんどちらが高価でしょうか?
右のほうが持つと左の2倍以上の重さです
木地の厚みが右のほうが厚いです
左は、軽くあがります
右と左では、価格が2倍違います

もちろん軽い左側が高価です

でも、右の重いほうが高価と思っている方もいます
軽いほうが、薄く木地をつくるには技術と良い材料がいりますから高価です

右は、中国製の木地で
その分割れやすいこともあり重いそうです
重いほうが、立派そうにもみえますが・・・

これは、製作段階の見本です
光輝くのは、玉虫の羽です

法隆寺にある玉虫の厨子にも使われた装飾の究極でもあります
本来は、漆を塗ったあとに張っていきますから
年数を経ると玉虫の厨子のようにほとんどはがれてしまいます

それを埋め込む技術を発明したのが
小林さんです
京都の有名旅館の床の間にも使われています

製作途中のものでこの作品はまだまだ完成に時間がかかるそうです
上品な輝きです

いつか、この技術を生かせる床の間が造りたいです

試作品の玉虫のストラップをいただいてきました


2008年10月23日

六甲の家 上棟式

六甲の家(神戸市)
先週土台を敷き建て始めた軸組みも無事にできあがり、昨日、上棟式を迎えることができました。

木材は、京都の美山町のスギです
天然乾燥材です

西側道路で、妻は南向き、浜からの風通しの良い立地でもあります

棟木下に地棟の丸太が入ってます

大黒柱は、8寸角
通し柱は、7寸角と6寸角です

土台は、御影石のパッキンの上にボルト締めして、柱は、長ほぞ込栓で止めます
土台はひのき、柱もひのき、4寸角です

大工さんへのねぎらいと上棟のお祝いを現場で執り行いました


2008年10月21日

ナマステインディア in 刈谷

ナマステインディア
に昨年に引き続き、今年も参加します
NPO法人 レインボー国際協会の会員として、アイリスホールのロビーにて、インドのコルカタにあるレインボーホームの子供たちのために募金活動と写真のパネル展示をします
(私も次男坊と立ってますのでお声をおかけください )

日時 10/26 (日)10:00~17:00
場所は、刈谷市 市民会館アイリスホールです

入場無料です

一日参加しておりますので、よろしければお越しください
インド人の方がたくさんみえます

イベントも楽しいですよ
インド音楽の生ライブやインドの小物雑貨やインド料理の屋台も出ます

ヨガ教室もあります


2008年10月20日

稲荷社落慶法要

稲荷社落慶法要
秋になり完成した稲荷社の落慶法要がありました
海の幸、山の幸が供物として並べられ
工事の無事完成の御礼とこれからの家内安全を願いました

近所の区長さんをはじめ関係各位の列席により
しめやかに執り行われました

このような立派なお社の建設に携われることは、一生で何度も無いことです。
伝統構法を学ぶものとして、こういう機会に恵まれることは、感謝の気持ちでいっぱいです。


2008年10月18日

材料および大工刻み見学

社が丘の家
豊田市足助町の山奥の刻み場にて、お施主さんと大工さんの刻みを見学してきました

棟木の丸太です(杉の磨き丸太)

天気もよく気分のいい秋晴れでした

刻み終わった梁と桁

大工棟梁は、ベテランの安藤稔さんです

切った材料の余りを記念に持ち帰り
よく乾いてるので
小さなお子様でも持ち上げれます
ベンチになるのかな?
’よいしょ’


2008年10月17日

平針の里山を守る会 自然観察会

明日、10/18 AM10:00より現地にて里山の自然観察会を公道より行います
興味のある方は、名古屋の里山の原風景を脳裏に焼き付けませんか?

詳しくは下記の代表までメールで問い合わせください

平針の里山を守る会 HP


2008年10月16日

木材加工場見学

御莨町の家
豊田市足助の鳥居材木店にて、使用する材料の確認と大工さんとお施主さんとの顔合わせです。大工さんは、お施主さんの家族を思い浮かべながら、一生懸命に刻みます。

家の中心となる
大黒柱 8寸角 ひのき を確認します
通し柱は、残りすべて5寸角です

土台4寸角を刻んでいるところです

梁、桁は、地元のスギです
天然乾燥材を使用してます