ブログ
2010年6月30日

土壁に魅せられて

今回は、木の家ネットのメンバーと共同の話題提供ということで、「土壁」をテーマに書きます
土壁のことは、何度もブログで書いてきましたので、重複となることもあるかもしれませんが、
今回は、技術的なことも含めて書きたいと思います
①そもそも土壁が作られてきた理由
日本の東北から沖縄まで、住宅や蔵には、土壁が使用されてきました。
また、世界を見ても様々な国で使用されております
土壁を塗るための下地は、木(割った板状のもの)、竹、粗朶(木の枝)、葦、などを組んだものです
それらは、身近にあった自然素材です。
土は、最も身近な大地そのものです。
土の種類は様々ですから、そのなかで、塗りやすく強度のあるものに、経験が積み重なって、藁や草などをいれて
「壁土」を作ってきましたので、地方により、いろいろな多様性があります。
IMG_2503.jpg
宮古島でも土壁の家はできました
今の宮古島の家は、ほとんどコンクリートの家ばかりです
IMG_2504.jpg
庭の土に牧草を混ぜて作った荒壁土(宮古島はすべて赤土)
②建築基準法の土壁が正しいのか?
その地方にあった独自の基準でないと一律にこの狭い日本で決めても、どこかの基準になってしまって
それを法律で縛ろうとすればするほど、経験の無い法律を監視する立場の方々は、数字にしばられてしまう結果になり
文化が消えていってしまいます。各地で土壁の実験が行われていますが、ほとんどが土壁の構造的な視点での実験です。
土壁は、構造のためだけに存在するのではないはずなのに、地震の度にその話題に引き込まれます。
思った以上に構造に対しての評価は高いので、安心ですけど、もっと、違う角度から評価する方法を示す必要があります。
③蓄熱と断熱、遮熱、防火について
土壁は、断熱材という視点から見ると、
断熱材とはいえないくらいの数字(熱伝導率ー土壁0.6W/m.k グラスウール0.05W/m.k)です。
グラスウールの約1/10以下しかありません。
じゃあ、感覚的にどうでしょうか?
グラスウール10CMと土壁140CMが同じ断熱効果だと思えますか?
感覚的におかしいですよね
そんな洞窟みたいな壁の家は存在しませんよね
それは、土壁の持つ蓄熱性が、グラスウールなどとくらべて約数十倍もあるからです
御施主さんのなかで、こう言われた方がありました
「夏に友達の家へ行くとムッとするけど、自分の家に入るとホットする」
夏は、風通しをよくしてやり、壁の温度をさげると本当に涼しいんです
冬は、暖房の熱を蓄えてくれます
時々しか使わないような別荘みたいなところは、冬だと冷え切ってしまって
なかなか暖まりません
毎日住む住宅であれば、熱を蓄えてくれます
その熱は、水蒸気の出し入れでも行われます
蒸し暑い時には、水分を吸い、乾燥したときには、水分を空気中に供給してくれます
ですから、断熱材という一面からだけの評価では、熱のことは語れないのです
建築基準法に「真壁同等」という表現があります
これは、22条地域などで、延焼ラインの中にある住宅の外壁は、土壁と同じ防火性能を有しなければならないということで
板金などで仕上げる場合は、土壁が無いと下地に石膏板を張らなければなりません
そういう意味では、土壁が建築基準法の基準になっているわけですが、昨今では、土壁をする工務店は数えるほどとなってしまいました
IMG_2486.jpg
初めての竹小舞組を習う地元の建築職人さん
IMG_2488.jpg
左官も大工もなんでもこなす島の人
④仕上げ方法について
私の設計する建物は、基本的に竹小舞い;藁縄しばりです。
荒壁土は、愛知県産の粘性土。泥コン屋さんで買います。
竹の編んだ格子の両面に荒壁土をつけ、外側にも中塗をして厚みを増します
内側の仕上げは、下塗り、中塗、仕上げです
中塗の土でおしまいのことも多々あります
漆喰仕上げは、最近では、仕上げの下塗り、中塗、仕上げと3工程
荒壁からだと同じところを6~7回塗ることとなり
ビニルクロスを張る手間とは比較になりません
当然費用もかかりますが、その分、長く使えて、メンテナンスはいらず色変わりもありません
⑤その他
遮音効果や見た目の美しさがあります
表面の仕上げは、漆喰に限らず、さまざまな表情もつくれますし、色もあります。
それなりの費用はかかりますが、費用のかかる分だけの価値はあるかと思います。昨今では、化学接着剤の入った壁仕上げ剤が安くありますが、やはり自然素材だけのもののほうが、色あせもなく長持ちすると思います。
伝統の技術にはそれなりの技が
隠されているのです
大切に土壁を継承していきたいものです

P6053163.jpg
親子で体験しながら、自分の家の壁を塗る(北名古屋市 T様)
P6053170.jpg
お子様にとっては、一生の思い出となります


2010年6月28日

木製デッキ ! 岩崎の家

完成まであとわずか
南側の濡れ縁を製作してます
材料は杉の赤身を使用します
IMG_2435.jpg
玄関ポーチと階段は、エステックウッドの枕木を使用します
エステックウッドは、杉ですが、窒素加工がしてあり、腐りにくくなってます
防腐剤ではありませんので、人体に影響ありません
IMG_2433.jpg
IMG_2434.jpg
内部は完成しました
IMG_2437.jpg


2010年6月16日

練馬の家!地鎮祭

2010・06・15
練馬の家
梅雨の晴れ間に地鎮祭をしました
東京での仕事は、初めてです
DSC_0030.jpg
前日から車で伺い、朝霞の職人さん向けの旅館に泊まり、職人さんの泊まるところを下見してきました。
DSC_0032.jpg
お施主さんの息子さんも小さな手をあわせてお時儀をして参加です
DSC_0039.jpg
草を刈る儀式から、土を掘る儀式をして
着工です
地鎮祭を終え、ご近所の挨拶回りをしました。
大工さんは、棟上げまで、豊田で刻みます
材料は、愛知県産のヒノキです
竹小舞組は、いつもの職人さんを愛知から手配します
荒壁も愛知から運び、専門の壁土をつけてくれる職人さんにお願いします
中塗り以降は、左官を名古屋から派遣して泊まり込みでがんばっていただくつもりです
家具、建具も愛知からです
慣れたメンバーで、家を建てていきます
基礎は、さいたま市の業者さんをお願いしました
人柄のよい業者さんで、現場にも近いことから安心です
現場監理者は、神奈川の知り合いに委託して、連絡をとりあって
施工していきます。
沖縄の宮古島で仕事をさせていただいたことを思うと
陸がつながっているので、案外近いのだという気になるから不思議です
車で約5時間の距離ですけど
地鎮祭のあと、練馬の区役所へ風致申請へうかがったのですが
区役所が20階建てのビルということに驚き
その展望レストランのランチは1000円で結構リーズナブルで、東京が全部見渡せました
コンクリートジャングルを見下ろしながら、知り合いの実家がすぐこのビルの東側にあり、7階建てまで届く大きな銀杏の木やケヤキがあるこの家がオアシスにみえました。
今回の同行者は、事務所の梶谷くんでした
(大江)


2010年6月13日

今年も夏野菜順調?

早朝か夕暮れに毎日寄る畑では、今年も順調に育っております
DVC00086.jpg
市民農園を借りて3年目になり
なんとなくわかってきましたが
あまり肥料をあげていない自然のままにしているせいか
なかなか良い土ができません
もともと山砂が盛ってある土壌で、30CMくらいほると
かたい土の層があり、適してないのかもしれませんが
なんとかがんばって無農薬の野菜を栽培しております
DVC00087.jpg
現在、きゅうり、なす、ミニトマト、トマト、レモントマト、インゲン、ヤーコン、サツマイモ、玉ねぎ、ねぎ、カラーピーマン、ピーマン、ししとう、を栽培中
DVC00095.jpg
毎年、種がおちた大葉が芽を出してきてます
草取りがたいへんなのと、水撒きができないときもあるので、
残念ながら、ビニールマルチをしております
DVC00094.jpg
明日から梅雨入りの可能性もあるため
あわてて、トマトの上にビニールの覆いをつくりました
去年は、大きなトマトはすべて割れてしまったので
今回は覆いをすることにしました
今年は、なぜかアブラムシが多く発生中で、生物バランスが崩れたかもしれません。それを食べてくれるテントウムシががんばってくれてますが、おいつきません。
手でこまめにつぶすのですが、追いつきません
せっかく出たオクラの芽を食べられ、成長不足になっております
ある程度、自然との共生でしかたないかなと思ってます
(大江)


2010年6月12日

大工加工場見学!御器所の家

6/12 大工さんの墨ツケ作業に、豊田市松平の大工さんの作業小屋へ御施主さん御家族と見学です
DSC_0011.jpg
板図をみながら、大工さんが墨ツケする様子を説明しました
DSC_0016.jpg
梁や桁になる杉を確認していただきます
DSC_0018.jpg
刻みが終わった桧の土台です
こうやって家族で見学していただくことで、大工さんもこのご家族を思いながら刻みができることは、気合も入ります
(大江)


2010年6月10日

伝統構法新委員会@京都フォーラムを終えて

6/5に京都のひとまち交流館にてフォーラムを開催してきました
なかなか個人のブログを書くことができませんでしたがやっと時間がとれて書けます
会場には、満員の聴衆で、主催者挨拶をしなければならず
少しあがっておりましたが、順調に時間通りに、皆さまのおかげで
終了できました
詳しくは、HPで
http://www.green-arch.or.jp/dentoh/index.html
90名の委員の先生方とやりとりしながら
なんとかここまで来て
情報公開の最初としてイベントが終わりました
でも、これからが始まりで、実務者からの要望と基準法の壁を乗り越えながら、新しい設計法を築いていかねばなりません
昨年までの委員会の雰囲気とはガラッと変わって
委員の方が生き生きと意見交換しており、目標がみえて
それに向かっていくことができる雰囲気がなんともいえません
実務者も参加しながら、伝統構法の家を普通につくれる時代がくるようにしたいです。
考えてみれば、こんな普通のことができない国は世界で日本だけでしょう
文化伝統を軽んじているツケがここにきて出て
京都の町並みもどんどん
マンションに置き換わっていくのが現状です
建築の法律だけ改正されても
たぶん街並みは残りません
税制や都市計画も変えないと片手落ちであると思っております
IMG_2199.jpg
IMG_2204.jpg


2010年6月3日

なぞの赤ちゃん?

DSC_0072.jpg
さて、いったい私は誰でしょう?
八百津の森で保護された
参加した人も山の人も
「クマの子供だ」「足がクマだ」
「顔はクマだ」「尻尾があるからクマじゃない」
という議論もありましたが
何を間違ったか、この得たいの知れないベビーは
我が家へくることに
段ボールにいれて、タオルに包み
息子が一緒に寝て一夜
キャットフードを食べました
日曜日の朝には、東山動物園で相談しました
相談窓口に3人の年配の係委員
「これはクマだよ」
「わからんから獣医よんで」
ほどなく二人の若い獣医さんがきました
「うーん、クマじゃない、たぬきじゃない。ノミがいるよ」
しばらくすると
年配の獣医さんが
「たぬきの子」
と言い放ち
結局タヌキでした
野生動物は飼えないし飼ってはいけないので
岐阜県へ翌日届けることに
発見した、柘植さんが、翌朝、連れにきてくださり
一見落着
息子は、別れがつらく、前夜は大泣きでしたが
飼えないものは、飼えないので
八百津の森に大きくなったら戻れるでしょう


八百津の木 植林に行ってきました

先週の土曜日6/29に恒例の植林に息子と参加してきました
DSC_0016.jpg
最初に、ごあいさつをさせていただきました
DSC_0018.jpg
たくさんの方が参加されました
DSC_0025.jpg
恒例のトラック荷台で山林へ移動です
DSC_0028.jpg
植林の仕方を指導してもらいます
三本づつケヤキの苗を植えます
DSC_0034.jpg
うちの息子も植林4回目で慣れてきました
DSC_0055.jpg
小さなお子さんも参加されます
DSC_0063.jpg
全員で集合写真です