ブログ
2011年5月22日

天白川に鵜がいました!

昨日、いつものパン屋さんにランチを買いに出ると、会社の前の天白川に、なんとがいました。
日進に来て42年経ちますが、初めてみました。
長良川の鵜飼で見て依頼でした
携帯で写真を撮ろうとすると、飛び立ちましたが、うまく写ってました
DVC00488.JPG
身近な自然を大切にしたいですね


2011年5月19日

太陽光発電を設置しました

御立町の家完成引き渡し
太陽光発電を屋根の上に載せた住宅の完成引き渡しを今週いたしました
弊社でいつも現場で働いて頂いている成田大工さんの実家を建てさせていただきました
外壁は、施主の希望でサイデイングとなっております
IMG_8797.jpg
屋根に太陽光発電のパネルを設置
IMG_8806.jpg
発電用のコンデンサー
IMG_8827.jpg
4月は入居しないまま、計測しましたので、売電が47,000円、使用料が3,000円でしたので、44,000円の利益となりました。4月で売電が、47,000円ということで、平均しても40,000円以上は、月々売電できますので、使用料が多い時で20,000円程度ということから月々、20,000円以上は、中電から入金があります。約15年で、設備費の回収予定です。小さな発電所のようなものです。東北の震災の前に決定して設置がしてありましたので、蓄電池はありませんが、今後、蓄電池を設置することで、「非常時」に対応できるのではないかという話になりました。
IMG_8828.jpg
1日の発電量です
IMG_8808.jpg
和室の天井は、格天井で組みました。100年以上建っていた旧家屋からの材料を再利用しました
IMG_8813.jpg
この和室の天井は、棹天井です
この柾目の杉板も、旧家屋からの再利用です
IMG_8807.jpg
旧家屋は、100年以上前に、代官の家を移築してきたもので、200年近い古材もありました
床の間の板も再利用です
(大江)


2011年5月12日

彫刻打ち合わせ!

福恩寺彫刻打ち合わせ
昨日、彫刻の駒田さんの作業場で打ち合わせをしました
先日の図面の打ち合わせから、実際に彫っていただいて、微妙な修正です
IMG_8726.jpg
駒田さんの家の玄関
彫刻だらけです
時間があるときに、いろいろ試し彫りをするそうです
家も、鴨居差しの立派な家です
最近では、山車やからくり人形の仕事までされてます
住宅に使う欄間は、年に1対あればいいほうで、ほとんど仕事がなくなったそうです
IMG_8751.jpg
カエル股を彫刻中の駒田さん
IMG_8760.jpg
作業途中のカエル股です
扇子の丸いところや骨の間を彫り込んで、その中にカンナをかけるテクニックには、脱帽の技術です
IMG_8794.jpg
虹梁の下絵です
IMG_8771.jpg
虹梁の試し彫りで、彫りの深さや凹凸を修正する打ち合わせをしました


2011年5月10日

豊栄町の家! 造作中!

豊栄町の家
外部のサッシの取り付けが終わり、内部の床組みから床張りです
DSC_0262.jpg
外壁は、シートの上に板金の予定です
DSC_0246.jpg
棟梁の柳瀬さんです
DSC_0242.jpg
DSC_0236.jpg
野地板は、表し仕上げです
DSC_0225.jpg
床は、赤身杉板15を張って、その上に断熱材を敷き、杉板25の床板を張ります
ニ重に張ることで、温かくなります


2011年5月6日

福恩寺 材料検査、現寸打ち合わせ

名古屋市中区で、施工中の福恩寺改修工事の現寸打ち合わせと材料検査をしました
豊田市の藤井大工の加工場で行いました
IMG_8693.jpg
破風板の現寸型板をぶらさげて、形の修正をします
人間の目の感覚が一番大事で、微妙なカーブを見分けます
IMG_8651.jpg
破風板に使用するヒノキの板です
ほぼ無節で、仕上がります
材料長さは28尺ありますが、型板をあてて、節のないところを使って使用します
IMG_8646.jpg
右から3枚は同じ木を挽いたものです
見事な天然ヒノキで、長年天然乾燥された、よく乾いた材料でした
IMG_8648.jpg
妻の虹梁(こうりょう)です
これに、彫刻をします
IMG_8664.jpg
IMG_8679.jpg
IMG_8688.jpg
現寸を見て、細かい納まりの打ち合わせをします