ブログ
2011年10月11日

陸前高田~気仙沼を訪ねて 1

10/8-10
4月に訪れてから、震災後2度目の訪問です
木の家ネットの総会のプレツアーとして、木の家ネットの有志と訪れました
初日(10/8)は、平泉周辺を訪ねて、
中尊寺と重要文化財の有壁本陣と登録文化財の横屋酒造を訪ねて、
被災状況を拝見してまいりました。
IMG_1544.jpg
息子も同行しました
多くの蔵の外壁が落ちており、修復が大変だなと感じましたが、倒壊した建物はなく
伝統構法の真の強さをみました
左官さんの仕事で修復できそうなので、予算はかかりそうですが、ゆっくりと修復されることを望みます
IMG_1612.jpg
横屋酒造蔵の様子IMG_1609.jpg
菅野さんが横屋酒造の建物を案内してくださいましたIMG_1616.jpg
夕方になりましたが、陸前高田に到着しました
10/9朝から被災地を菅野照夫さんの案内で廻りました
IMG_1662.jpg
津波の瞬間をこの場所から見ていたと語る菅野さん
IMG_1659.jpg
湾の中に浮かぶ小島がすっぽりと隠れるまで海がもりあがった
IMG_1676.jpg
決壊してしまった堤防
IMG_1708.jpg
この御神木の杉だけは、奇跡的に助かったので、生きてほしいと願いますが、葉の色が茶色になっていました。
残念ですが、枯れてしまうかもしれません。命をなんとか繋いでほしいと願います。
IMG_1718.jpg
4月に訪ねたときと同じ場所から撮影しましたが、すっかりがれきがなくなっていました
再生される日を待ち望みます
IMG_1719.jpg
復興のシンボルとして有名になった
一本だけ残った松の木です
遠くからもよくみえます
IMG_1723.jpg
川の中をみると
サケの大群が遡上してきており、川面はサケでびっしりでした
自然のたくましさに感動しました
サケのように、被災されたこの街が早く復興されることを願います
政府の対応の遅さには、正直がっかりしてます
この国は、国民をまた見捨てようとしてます
信頼できる政府は、いつになったらできるのでしょうか?
原発に私は、反対です
オール電化や電力会社に反対しているのではなく、手法として、子供たちに大きなツケを送るエネルギーの生み出し方に大きな問題がありますからその部分に反対してます。
電力会社の方だって、本当は、そんなところに勤めたくないのが本音ではないでしょうか。
あの事故現場に送りだす家族の気持ちはどんなでしょうか。
ましてや、同じ建築に従事するものとして、あの事故現場で働く方のことを考えると頭がさがりぱなしです。
できれば、そんな特攻隊のようなことはしたくないのが人情だと思います。
経済優先のこの考えを捨て、虚と欲で固められた原発に今こそ反対の意志を国民が表すべきです
この国だけでなく、地球を愛する全生命のために!
被災地を訪ねて、正しいことは正しい、間違っていることは間違っていると表明しても
よい歳になったかなと思ってます
(大江忍)


2011年10月4日

福恩寺 瓦工事完了して覆屋根がとれました

秋晴れに覆屋根がとれて、改修工事も大づめです
IMG_9877.jpg
東南から望む
耐震格子が入り、当初とは、正面の姿がかわりました
IMG_9879.jpg
本堂の中の壁の塗り替え
IMG_9883.jpg
内陣の中の壁の塗り替え中
天井も格天井に新しくしました
IMG_9902.jpg
妻飾りの部分です
大工さん、彫刻師さん、瓦屋さんの技術の集まった部分です
IMG_9907.jpg
北側の屋根は、当初瓦でしたが、屋根のこう配を緩くして、銅版で葺き直しました
きらきらまぶしいですけど、しばらくすると、緑青色のグリーンになります
昨日は、京都で、飾り金物の職人さんと打ち合わせをしました
釘隠しに金箔の金物をつける予定です