ブログ
2016年1月25日

床下地(羽島市の家)

今朝はうっすら雪化粧でした。
現場にも雪が少し残っていました。
現場の様子を御紹介します。

IMG_2280
2階の床も広い部屋は貼り終え、水廻りと廊下のみとなりました。
間仕切り壁は板壁となるためこれから下地を組んでいきます。

IMG_2277
1階では根太の間に断熱材(パーフェクトバリア)を入れています。

IMG_2285
頸切り(くびきり)中
床板を差し込むため、柱に切り込みを入れていきます。

IMG_2273
床暖房パネル
足元があったかいとかなり快適です。
床板を貼る様子をまた御紹介出来ればと思います。


2016年1月23日

雪の中での配筋(北洞の家)

県内でも場所によりこんなに違う風景となっています。

IMG_8106

IMG_8113
事務所のある日進は雨、北洞の現場は雪。
雪が降る中、基礎屋さんが鉄筋を組んでいました。
手の感覚がなくなりそうなくらい。
月曜日もまた心配です…。


根太(羽島市の家)

寒い日が続いています。
羽島市の現場もなかなかの寒さです。
今回は根太入れの様子を御紹介します。

IMG_2260
勝手口の敷居を納めています。敷居材はナラです。

IMG_2251

IMG_2248
根太を入れて、その間にパーフェクトバリア(断熱材)を入れていきます。
2階は根太が入り、化粧の床板が張られています。
またその様子は御紹介します。


2016年1月20日

刻み(北洞の家)

北洞の家の墨付け、刻みが始まっています。
その様子を御紹介します。

IMG_4319
梁材の加工をしていました。

IMG_4324
墨付けを終えた材料はまるで暗号のようです。

IMG_4330
大工の山口さんは角ノミで穴開け加工中。

IMG_4326
棟梁の小野さんは墨付け中。

今日は初雪が降り、朝は一面銀世界でした。
大工さんの作業場も半分外のような感じなので、かなり冬場は厳しそうです。
現場では基礎工事が進んでいます。
また進行状況は御紹介します。


2016年1月12日

【重文】掛川城御殿の修理が始まります

静岡県掛川市の掛川城御殿の修理工事に入ります
今日は、事前の打ち合わせで現場の修理箇所の確認です
掛川城の御殿は、現存する御殿としては、全国でも珍しく京都の二条城のほか4か所しかありません
江戸後期の建築で、重要文化財に指定されております
今回は、弊社は、下請けとして、大工工事、左官工事を請け負います
IMG_4117
玄関の束石が劣化しており今回取替をいたします
IMG_4122
玄関の外部の床板を修理します
IMG_4130
面戸漆喰のはがれの修理をします
IMG_4134
外壁の漆喰や、下見板の劣化した部分を修理します
他に谷樋の腐れや、敷居や建具の修理もいたします
年度末までかかりそうです
来週から本格的に修理工事に突入です
(文責 大江)


2016年1月9日

断熱材 パーフェクトバリア(羽島市の家)

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
年始からいい天気が続いてますね。
外壁工事にとってはありがたい天気。
年始は羽島市の家から御紹介します。

IMG_2146
モイス施工中

IMG_2211
パーフェクトバリア施工中

IMG_2208
2階根太組

IMG_2196
木摺り部分は漆喰塗りとなります。

外壁のモイスも貼り終え、その上にパーフェクトバリアという断熱材を入れていきます。
パーフェクトバリアはポリエステル100%の為、再度処理すれば容易に元の繊維に戻すことが出来ます。
また、グラスウールのようにチクチクと施工の際にも痛くありませんし。
外壁は鈑金と一部漆喰となります。
またその様子は御紹介します。