ブログ
2016年10月28日

「くむんだー」木のジャングルジム 豊田市でのイベントの報告

2016/10/8~9と豊田市の産業文化センターで行われました
ウッドトイカーニバルINとよた
のイベントにて、
木のジャングルジム「くむんだー」
を初めてこの地方でお披露目しました
「くむんだー」は、木の家ネットの仲間である
滋賀の川村さんが考案されたもので、
今回は、豊田森林課からのご依頼で
豊田市産のスギを使用して、くむんだーを製作しました
くむんだーは、日本の伝統的な大工さんの手法を用いて
金物を使わずに組み立てるジャングルジムです
子供さんたちに、大工さんの仕事の疑似体験をしてもらい
ジャングルジムで遊ぶというより
組み立てと解体を体験するアトラクションです
今回は、2セットを用意しました
1セットで、参加できる人数は、子供さん(3歳位から9歳くらいまで)
保護者も含めると約20名で組み立て、解体を約90分で行いました
一日3回で、2セットを2日間で行いましたので、約240名の方に参加いただきました
両日とも、ほぼ午前中で予約がいっぱいとなり
無事に怪我もなくイベントを終了することができました
子どもたちの真剣な眼差しと笑顔に救われた二日間でした

(文責 大江忍)
img_0001

img_0044

img_0061

img_0062

img_9978

img_0027

img_0014

img_0080

img_0083

img_0007

img_9994

くむんだーの公式Webサイトはこちら
kumundar_banner


鳴海の家 上棟

鳴海の家 上棟いたしました
小高い丘の上の敷地で、静かな住宅街の中です
大工さんの手刻みで、棟梁は小野棟梁です
材料は、すべて、三河材のスギとヒノキです
img_0124
南東の道路から(L型に建物を配置いたしました)
img_0129
二階の屋根は、野地板表しとなります
img_0133
幅12cmの梁の上をすいすい歩くベテラン大工さんたち
img_0140
今日は、応援にきている簗瀬棟梁
img_0143
棟の上に建つ山口棟梁(今回、小野棟梁と一緒に刻みました)
img_0148
屋根の広小舞を取り付け中


2016年10月11日

水広の家 上棟

名古屋市緑区
「水広の家」を上棟いたしました
img_9945
北の道路側よりクレーンで組み上げます
dsc_7870
ヒノキの柱と杉の梁、地元愛知県産の木材です
dsc_7831
2階の梁組
dsc_7938
屋根の野地板25ミリを垂木120ミリ角の上に張っていきます
dsc_7944
野地板の上に断熱材のフォレストボード50ミリ(杉樹皮ボードー秋田産)外断熱
dsc_7955
トップライト周り
dsc_7957
断熱材の上に、銀色の熱線を反射する透湿防水シートを張ります。この上に瓦を葺きます
dsc_7972
成田棟梁による祝詞奏上、上棟式が始まりました
(文責 大江)


2016年10月5日

「くむんだー」 木のジャングルジムイベント

今週の土日(10/8,10/9) 豊田市産業文化センターにて
「ウッドトイ・カーニバールinとよた」 が開催されます。

%e3%82%a6%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b71

ナパスも、木のジャングルジム「くむんだー」を提供して、参加します。
お子様のいらっしゃる方は是非ご参加ください!
入場無料・申込不要です。

※画像は過去のイベントのものです。

08_26_kitahama11

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10_kawamura_pp

「くむんだー」について
木のジャングルジム「くむんだー」は、大江が代表を務めている全国組織“職人が作る木の家ネット”のメンバーが考案し、滋賀や埼玉、三重など全国の仲間たちが取り組んでいる木育ワークショップです。
木の加工、組み上げる行為は、日本古来の伝統的な木造建築の仕組と基本はまったく同じもので、カンカン!コンコン!とクサビを打ち込むと、小気味良い音とともに丈夫なジャングルジムが出来上がっていきます。

くむんだーの公式Webサイトはこちら
kumundar_banner

木に触れ、親しみ、そしてつくることの楽しさを感じられるこのイベントに是非ご参加ください!

10%e3%80%80%e8%bf%91%e4%bb%a3%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8