ブログ
2019年6月25日

6/29・7/13【版築体験会のお知らせ】 家康公ゆかりの土塀修復 特別見学・体験会

【版築体験会のお知らせ】
家康公ゆかりの土塀修復 特別見学・体験会

日時 ①6/29 ②7/13
いずれも①午前9時 ②10時半(雨天中止)

*内容は各回同じです
学芸員の解説や、専門家・職人による
伝統工法の説明あります。
※体験は各回15名程度
※見学だけの参加も大歓迎です。
◆参加対象……小学生以上
◆参加費は無料です
◆事前申し込みの必要はありませんが、参加者多数の場合はお待たせすることがあります。
※重い器具を使用するため小学生は保護者同伴。
◆駐車場がないため、公共交通機関をご利用ください。
◆作業のできる服装、着替え、軍手、帽子、タオル、靴など暑さ対策、飲み物などを各自でご用意ください。
◆場所……松應寺(岡崎市松本町42)
電話0564-22-6863

家康公父君・松平広忠公御廟所は、国内有数の規模と格式を誇る墓所で、岡崎市指定の史跡となっています。
現在、令和元年5月から3ヵ年計画で、御廟所全域の修復を行っています。修復中の 「土塀」は、まさに土だけで作られ、徳川幕府の威信と、当時の技術の粋を集めたものです。今回は、土塀修復にあたり、一般の方々にも文化財の保存や修復方法などを知っていただくため、伝統的な版築工法で土塀作り(土を何度も叩いて固める作業)が見学・体験できます。

DSCN3105


2018年12月7日

日進東中学の生徒の職場体験 2018/12/06 二日目

2018/12/6
2日目の職場体験は、岡崎まで昨日と同じように車二台で移動して
建て方をしている石場建ての家を見学しました
その近くの松應寺へも土塀を見学にいきました

DSC01221
全員ヘルメットをして、木造建て方の現場を見学、休憩には、クレーン車のオペレーターさんにもどれくらい吊れるのとか質問をしました

DSC01251

DSC01252
松應寺(しょうおうじ)の服部住職から、このお寺の由緒についてお話を聞きました
徳川家康が8歳のときに
お父さんの亡骸を埋めた場所に松を植えて、場所を覚えておけるようにして
天下をとったあと、廟を作ったのがこの場所であると説明を受けました

DSC01255
DSC01262
おべんとうタイムは、お寺の境内の中にある昭和レトロの町並みの中で食べました
DSC01257
聖徳太子を祀った太子堂です
DSC01244
昔は、ここからお城がまっすぐに見えて、通りまでお寺の境内だったけど、今は、マンションが建ってみえなくなり、
闇市がそのまま、商店街にかわっってしまったという説明をうけました
それが木造アーケードを通してみえるということを見ている様子

DSC01275
服部住職と記念撮影です

DSC01277

すべての予定が無事終了して、昨日、切り倒した木を持って帰りました
また、来年は違う生徒が来ていただけますように願いたいです
木造建築を通して、自然の有り難さを実感していただけるように
今後もこのような学生さんにも奉仕していきたいと思います
(大江 忍)


日進東中学の生徒の職場体験 2018/12/05 初日

今年も日進東中学校の生徒10人が職場体験にきてくれました
恒例の山での作業見学からスタートです
今年も、杉野賢治さんにお願いして、木こり体験をさせていただきました
私どもの家づくりの原点は、近くの山の木で家をつくること
愛知県豊田市の山林で、榊野温泉の近くの杉野さんの山で
間伐体験をしました
DSC01026
山の林道を5分ほど登っていきます
雨上がりの道なので、少し濡れておりました
DSC01034
作業道を上がっていきます
いつもの冬よりかなり暖かい日になりました
DSC01035
杉野賢治さんです。木こりをされてます。元SEからの転職者で、移住されました。
今日の作業内容についてご説明を受けました
山の作業は、危険であることを周知させました
DSC01046
ロープを引いて、木を倒す準備待ちです
DSC01065
これから切る木の説明です。大空を見上げて、どれだけ枝葉が張っているかを確認しておきます
DSC01075
木を切るときに最初に切り込む受け口の説明を聞きます
DSC01089
近くに株があったので、高い位置で切り倒しました
DSC01090
切り口です 樹齢25年くらいの木でした
DSC01097
切り口を確認し、空を見上げて、どれくらい光が入るようになったかを確認します
DSC01154
切り倒した木をのこぎりで切る体験です
DSC01192
製材所に切り倒した木を運んで製材をしました。長さは、持てるように1.5mくらいにして担いで持ってきました。
製材機の刃の仕組みと危険性について、説明を受けます
DSC01211
製材する杉野さん

この日は、天気に恵まれ、無事安全に帰ってきました
レンタカーを借りて、次男に私の車を運転してもらい
二台で往復しました
子どもたちには、自然とふれあい、このようにして木から建築に使うための材料が生まれてくることを説明できました
みんな熱心に参加してくれました
明日に続く~

(大江忍)


2017年11月28日

くむんだ~ 盛況にイベントを終えることができました!感謝いたします!

IMG_8729
とよた松坂屋の8階にてウッドトイカーニバールINとよた開催
IMG_8749
IMG_8743
受付開始と同時にヘルメットと手袋をします
IMG_8894
共同作業で貫を通します
IMG_8845
若いスタッフ二名(名城大学4年の辻くんと大江の次男の陽平です)
IMG_8790
くむんだ~愛知の旗を今回から会場に設置しました
IMG_8783
完成間近のくむんだ~
完成したらみんなで集合写真
IMG_8736
会場に敷かれた豊田の杉と桧で作られた木のタイルカーペット
フォレストボード(杉樹皮ボード)の上に貼られた商品です
弊社でも販売予定してます(実用新案許可済み 試作品の展示)


2017年11月10日

「くむんだ~」ウッドトイ・カーニバールINとよた(11/25~26)

昨年に引き続き、豊田で「くむんだ~」のイベントをします
日本の伝統的な建築工法を真似た大工さんの子供用体験プログラムです
3才児くらいから小学校低学年まで参加できます
日時:2017/11/25(土)~26(日)
     10:00~18:00
SKM_C224e17111620030_0001
SKM_C224e17111620030_0002
1回に10人くらいのお子様で親子で参加
 *4回の入れ替え制となります
10:30~11:50
13:00~14:20
14:30~15:50
16:00~17:20
当日、会場にて予約を受け付けます
場所:松坂屋豊田店T-FACE8階催事場
(豊田市駅から徒歩1分)
主 催  とよた地域材利用促進協議会、豊田市
共 催  愛知県
協 力  木材関係事業者・木材関係ボランティア
IMG_0002
昨年の豊田で開催したイベントの様子です
IMG_0044
親御さんは、必ず付き添いして、子供の安全は、ご自身で見守りをお願いします
預けて、その場を離れないでください!
IMG_0080
2歳でもできます


2016年10月28日

「くむんだー」木のジャングルジム 豊田市でのイベントの報告

2016/10/8~9と豊田市の産業文化センターで行われました
ウッドトイカーニバルINとよた
のイベントにて、
木のジャングルジム「くむんだー」
を初めてこの地方でお披露目しました
「くむんだー」は、木の家ネットの仲間である
滋賀の川村さんが考案されたもので、
今回は、豊田森林課からのご依頼で
豊田市産のスギを使用して、くむんだーを製作しました
くむんだーは、日本の伝統的な大工さんの手法を用いて
金物を使わずに組み立てるジャングルジムです
子供さんたちに、大工さんの仕事の疑似体験をしてもらい
ジャングルジムで遊ぶというより
組み立てと解体を体験するアトラクションです
今回は、2セットを用意しました
1セットで、参加できる人数は、子供さん(3歳位から9歳くらいまで)
保護者も含めると約20名で組み立て、解体を約90分で行いました
一日3回で、2セットを2日間で行いましたので、約240名の方に参加いただきました
両日とも、ほぼ午前中で予約がいっぱいとなり
無事に怪我もなくイベントを終了することができました
子どもたちの真剣な眼差しと笑顔に救われた二日間でした

(文責 大江忍)
img_0001

img_0044

img_0061

img_0062

img_9978

img_0027

img_0014

img_0080

img_0083

img_0007

img_9994

くむんだーの公式Webサイトはこちら
kumundar_banner


2015年12月2日

中学生の職場体験!初日

今日は、日進東中学校の中学生6人の職場体験を受け入れ、初日を終えました。
改築現場で、左官の壁塗り体験をしました。
最初は、不慣れな子供たちの鏝さばきが、徐々にうまくなっていき
「楽しい!」と疲れもみせずに、二部屋の壁を全部塗りきることができました
明日は、建築現場に実際に行って、大工さんの仕事を見学します
(大江)
DSC_5506 DSC_5505 DSC_5499 DSC_5497 DSC_5495

 

 

 

 

 


2014年5月21日

7/12 第四回フォーラム in 滋賀 「石場建てを含む伝統的構法木造建築物の設計法」報告会

伝統的構法の設計法を作成するのに3年間の検討委員会の責任者をさせていただきました
昨年度、一年間は、委員や国交省からの質疑回答に費やし、報告が遅れましたが
やっと、7/12に報告することができるようになりました
これでも、まだ、道半ばで、本当に国の組織の厚い壁に神経をすり減らしております
http://green-arch.or.jp/dentoh/news.html#a42
申込フォーム
http://green-arch.or.jp/dentoh/form/form.cgi
まだ、継続して検討を重ねることが続くかと思いますが、
伝統構法を世界遺産にするまでは、頑張りたいと思います
IMG_2703


2010年11月9日

名古屋 平針の里山は無くなりました!残念!

2010・11・7
以前ブログでもご案内した 名古屋市内に残る里山は、COP10の開催中に開発されました
自然が何年もかけて作り上げた風景は、あっという間に丸裸です
にげまどう狸の親子が周辺の住宅地をうろうろ
このあと、宅地化されてしまうのが誠に残念な場所であります
赤道に倒れた木を業者さんがどけてくれて
田んぼのそばまで歩いて入ることができました
赤道に並べたバケツ稲を収穫しました
枯れた木を一本だけ残し、キリストの十字架のようです
いずれ、「木は枯れるのだ」というモニュメントとして切らないようです
IMG_1869.jpg
うちの次男坊も一緒に看板を作ってくれましたが
残すことができませんでした
稲刈りに参加です
IMG_1860.jpg
業者さんは、仕事ですからしかたないでしょうね
(赤道から撮影)
IMG_1771.jpg
国会の予算委員会で質問されました


2010年6月3日

八百津の木 植林に行ってきました

先週の土曜日6/29に恒例の植林に息子と参加してきました
DSC_0016.jpg
最初に、ごあいさつをさせていただきました
DSC_0018.jpg
たくさんの方が参加されました
DSC_0025.jpg
恒例のトラック荷台で山林へ移動です
DSC_0028.jpg
植林の仕方を指導してもらいます
三本づつケヤキの苗を植えます
DSC_0034.jpg
うちの息子も植林4回目で慣れてきました
DSC_0055.jpg
小さなお子さんも参加されます
DSC_0063.jpg
全員で集合写真です