ブログ
2019年5月1日

松應寺 着工式

令和元年5月1日。
令和の始まりとともに松應寺松平広忠公御廟所山門復原工事の着工式が執り行われました。
こちらは岡崎市にある、徳川家康ゆかりのお寺です。
今月より土塀の修復が始まります。
土塀つくりのワークショップも行われる予定ですので一般の方もご参加いただけます。
DSC03645DSC03650
DSC03678
全ての完成は令和4年を予定しております。
長期に及ぶ工事が無事に完了いたしますよう祈願させて頂きました。


2019年4月27日

深田山神社拝殿 建前~上棟

深田山神社拝殿が無事上棟いたしました。
2日間にわたり建前が行われました。
柱を立て足固めと組み上げ、据えた地覆に落とし込みます。
IMG_2895IMG_2905
上棟式当日には3本の御幣を備えさせていただきました。
IMG_3052
上棟式当日はあいにくの雨模様でしたが、式が始まる直前に雨が上がり雨除けを外して参列者の皆様に全様をお見せすることができました。
IMG_3019
IMG_3026
たくさんの方に参列頂いた中で、無事に上棟できましたことを感謝し、今後の工事の無事をお祈りさせて頂きました。
上棟おめでとうございます。


2019年4月9日

愛知シュタイナー学園南棟 上棟

愛知シュタイナー学園南棟が無事上棟いたしました。
とても良い天気が続き、気持ちのいい汗をかきながら作業を進めさせていただきました。
IMG_2712 (2)
2階ののぼり梁は難しい作業の中大工さんたちがきれいに納めてくれました。IMG_2879 (2)
2階の教室は勾配天井でとても広々とした空間になります。
IMG_2796 (2)
上棟式は弊社大江により執り行わせて頂きました。
ここまでの工事が無事に進んだことに感謝をし、夏頃の完成への祈願をいたしました。
IMG_2836 (2)
そのあとは学園の生徒さん、保護者、先生、みなさん総出で餅まきも行われました。
“祝”の文字が書かれたお持ちをまいて、みなさん楽しそうにキャッチしておりました。
このような行事は現代では行われなくなってきているため、なかなか見られないこの光景を見れることをうれしく思います。


2019年4月5日

愛知シュタイナー学園南棟 建前

本日より愛知シュタイナー学園南棟の建前が始まりました。
桜の開花が遅れるほどの寒さが続いておりましたが、日差しは暖かくよく晴れた日になりました。
IMG_2575
午前中早いうちには1階の柱が立ち終わります。
IMG_2600
天井高が高いので脚立で届かない箇所は梯子に上って作業します。
IMG_2627
2階の床面積が160㎡超えともなると、小梁の量もかなりのものです。
IMG_2709
このような状況で1日目終了です。
引き続き、明日も安全第一で進めていきます。
 

 


2019年4月1日

築30年の家のリフォーム

豊田市にある築30年の住宅のリフォームを本日から着工いたしました
自分の山の木で建てられた家ということで、大工さんも地元の方で、今もご存命なのですが
高齢ということで、私どもでリフォームをさせていただくことになりました。
床があちこち、フカフカして床板も抜けているところもあり、事前調査では、床下が湿気ていると判断しました
家の北側には、田んぼが続き南タレの段々になる一番下に家があったこともあり
地面から湿気が立ち上っていると想像されました
IMG_1220
畳をめくると、下地の杉板に腐れがみられました
IMG_1222
手で簡単にくずれてしまうほどの状態になっておりました
IMG_1233
床をめくると大黒柱の根元もシロアリに侵されていました
IMG_1231
太い蟻道が床下からコンクリートの基礎をのぼり、土台から侵入してました
IMG_1230
床下の束もシロアリが蟻道をつくり登ってきてました
さて、これから、諸々の対策をしながら、このリフォームを続けていきます
続きはまたアップしていきます
(大江)


2019年3月22日

深田山神社 拝殿 刻み2

豊田市の深田山神社の拝殿を足助の山奥の加工場で加工中
来月に上棟をひかえ、刻みが進んでいます
C0074T01
柱にほぞ穴をあけてます
DSC03157
丸柱に藤井棟梁は、墨付けしてます
DSC03162
土台部分の柱の根元の刻みです
DSC03178
ノミで丁寧に刻みます
IMG_8507
来月上棟するのが楽しみです


2019年3月8日

深田山神社の拝殿刻み中

昨年、本殿を建築した深田山神社の拝殿を刻み中です
豊田市足助の山の中の作業場で加工は進んでおります
C0063T01

拝殿を支える柱です。カナダ桧の芯さり材です。美しいです。
DSC03115

拝殿の唐破風部分の仮組みです
DSC03118

型にあわせて、一枚一枚削る墨が違いますので寸法を移して刻み作業に入ります
DSC03130

藤井棟梁と設計士の原さんが、拝殿と本殿を結ぶ通路の上屋の設計打ち合わせです

DSC03131
DSC03132

DSC03137

DSC03138

河西大工の道具箱の中は、様々なカンナが必要で、これでも足らないから、作らないといけないと
つぶやいてました

足助は、今、杉花粉が降っているというか、霧のように立ち込めている状態で
花粉症の私には、つらい状況でした
(大江)


2019年2月10日

愛知シュタイナー学園南棟 地鎮祭

愛知シュタイナー学園南棟の地鎮祭が執り行われました。
冷たい風が吹いておりましたが、良い天気の中すすめることができました。
IMG_2472
学園の職員の方々のほかに、生徒さんそのご家族のみなさんと大勢の方に参列して頂きました。

IMG_2461
今回の南棟の工事は現在の校舎の南側に新たな校舎を新築いたします。
そして、完成してお引越しののち現在の校舎の位置に北棟を新築いたします。

南棟の完成は2019年夏を予定しております。
工事の無事をお祈りさせて頂きました。

愛知シュタイナー学園様 誠におめでとうございます。


2019年1月30日

梨子ノ木の家 地鎮祭

梨子ノ木の家の地鎮祭を執り行いました。
地市街化調整区域の土地に分家住宅として新築いたします。
この日はあいにくの雨模様でしたが、
地盤が弱いこの土地も “雨降って地固まる” という言葉のように
家を支える良い場所になることを願っています。

DSC02113

 

DSC02126

DSC02142

DSC02146

DSC02155

DSC02111

 


2019年1月25日

岡崎の家 瓦葺き・荒壁

大屋根の瓦を葺いています。
和型の瓦を丁寧に規則正しく着実に並べていきます。
DSCN7015
DSCN7018
瓦と同時進行で土壁の大元である、荒壁の土を付けています。
しっかりと乾かした後仕上げの下地の土を付けてゆきます。
DSCN7026