ブログ
2020年2月27日

足助の家 上棟

豊田市足助町の弊社の電気工事をしてもらっている
鈴電さんの長男さんの家を上棟しました
親の敷地内の車庫部分への建築です
IMG_4479

IMG_4503

IMG_4515

IMG_4517

IMG_4531

IMG_4564

IMG_4579


2020年2月20日

東山の家リフォーム完成

日進市の東山に築30年の中古住宅を購入され、リフォームをしました。
購入する際にも見せていただき、造りがよかったので、建て替えるより
リフォームして住まれるとよいとアドバイスさせていただきました
DSC07704
キッチンは、特注でヒノキの無垢の厚板を剥いで作りました
DSC07734
DSC07725
DSC07717 - コピー
トイレもリフォームしました

詳しくは、ホームページでご覧ください


2020年2月18日

梨の木の家 完成

梨の木の家が完成しました
日進市梨の木小学校のすぐ近くです
南妻の大きな車寄せのある2階建て木造在来工法の家です
車は6台は楽に止められるスペースを確保
IMG_4369
外壁は、漆喰、板張り、ガルバ二ウム鋼板張り


2020年1月18日

梨の木の家 洗い出し土間 仕上げ中

玄関の土間を洗い出し仕上げにします
今回は、水晶とベリドットを表面にいれて
魔除けとしました
太陽の光が当たるときれいに輝くので
仕上がりが楽しみです
IMG_8850
ベリドットの粒です
鮮やかなオリーブグリーンの色合いと独特の輝きを持ってます別名「オリビン」ともいいます
火の清めのパワーストーンで魔除けに使われます
500gほど使いました
IMG_8851
水晶の粒です
昨夜、手分けして、同じくらいの大きさの小粒のものをピックアップしました
今回は、1kgくらい使いました
IMG_8856
こんな感じで、洗い出しのモルタルの上にまきます
すでに礫の2分石が練りこまれているうえにいれました
IMG_8865
まだ、押さえる前で、こんな感じで一面にまきました
IMG_8866
拡大したところで、これから中に埋め込まれます
IMG_8871
押さえてしばらく水が浮いてくるのでペーパーで余分な水を吸い取り、3回金鏝で押さえて
乾いてきたら水で表面を洗い流して仕上げます

完成は、また次回に報告いたします
(大江)


2019年12月28日

年末年始のお休み 12/28~1/5

今年も大変お世話になりました
各地で自然災害がおきる一年でしたが
まだまだ、地球温暖化は加速していきます
建築も少しでも材料を見直し
地域の気候風土にあった材料で
地球に負荷のかからない材料で
住む人の健康にも配慮した家づくりを
今後も続けたいと思います

弊社の年末年始は
12/28~1/5まで
営業開始は
1/6(月)11:00~となります

1/6の朝は、社員で氏神様に初詣の予定です

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます

代表 大江 忍


2019年12月27日

緊急社員募集!(現場監督1名)

弊社では、建築技術者を1名(正社員)常時募集してます!!
一緒に働きませんか!
IMG_0542

【建築技術者】
正社員1名募集!
伝統木造に興味のある建築のお仕事の経験者
建築の現場監督で
定年間際だけど、転職して、今までのスキルを活かしたいベテランの方
あるいは、建築系の学校を卒業したけど、建築を今までしてこなかったけど
建築が好きな方
大工経験のある方も大歓迎!

仕事の内容は、現場管理、積算など
アウトドアも大丈夫な方
自然素材の建築に興味があり、仲間と仲良く過ごせる方

木造の未経験者でも大丈夫ですが、最低限の建築の知識のある方
CAD,エクセル、ワード、は最低限使用経験のあること

勤務時間 8:00~17:00
日祝休み 年末年始休暇あり、お盆休暇あり(事務員は、土日祝日休み)
雇用労災厚生年金健康保険あり
タイムカードにて管理
当たり前ですが、残業代カットなし

給料待遇については、弊社の規定によりますが
経験などを見て判断します
1,2級建築士、木造建築士、あるいは1,2級施工管理技士
など建築関係の資格手当あり

賞与 年二回 (正社員)

経験者優遇(新卒の方でも、アルバイトから始めることも可とします)
入居可能な住居あり単身者用(食事なし・家賃25000円/月)
自動車普通免許必要(事務は、AT限定でも可)
研修期間あり 3~6ヶ月(経験による)
研修期間中は、手当なし
試用期間 13日

勤務先:愛知県日進市本郷町前川1243-5 本社

問い合わせ 担当 大江まで
電話 0561-74-0710
メール info@napas.jp

 

 

 

 


2019年12月2日

松應寺 土塀の瓦の検討

土塀の瓦を復元しますので、既存の瓦と同じ物としたいところですが
時代も変わり、納まりも変えて2寸長い瓦とします
瓦屋さんは、愛知県高浜市の白鳳瓦さんです

徳川家の家紋である三つ葉葵の御紋の微細な違いを復元することになります
三つ葉葵といっても、それぞれで、平面の状態であれば同じなのですが
立体になると様々にあることを知りました
IMG_7818
粘土で造り、金型を制作して造りますが、瓦は陶器なので、焼くと11%小さくなります
本当に大変な手作業により型を制作してます
IMG_7819
この瓦は、表面が割れていますが、これは、凍てて表面が飛んでしまう現象です
きれいに磨きのかかった丁寧につくられた瓦ほど、表面が緻密になり、内部と差ができて、こういう現象がおきます
いぶし瓦は、最初は、銀色ですが、この銀色の部分はわずか1ミクロンしかありませんので
10年ほどすると黒くなってくるそうです
型をはずすときに使用する雲母のきらきらが、100年以上経っても、重なり部分の水上には、残ってました
IMG_7820
100年以上経っても、三つ葉葵の紋がきれいに残っている瓦のひとつですが、
当時は木型だったので、数をつくるうちに不鮮明になっていきます
きれいなものが入り口付近に多いような気がしました
これとほぼ同じものを復元していきます
来年度には、瓦を葺いていきますので、是非、見学に起こしください
(大江)


2019年10月11日

10/12(土)台風19号の為臨時休業します

10/12(土)台風19号の最接近のため
社員の通勤も危ないので、臨時休業いたします
トラブルなどありましたら、
10/13(日)に出勤しておりますので、ご連絡ください

お急ぎでない方は、メールにてご連絡ください
台風の被害がないことを願っております
避難、命を守る行動を実行してください
お困りの方は、弊社のアパートの部屋を臨時でお貸しします

(代表 大江 忍)


2019年8月29日

岡崎の家 お引き渡し

岡崎の家が完成して引き渡しをしました
特徴はなんといっても、石場建ての家です
昔ながらの基礎は御影石でできております
ベタ基礎はなく、床下は、ビオトープになるように
山砂敷だけです
なぜ石場建てなのかというと
伝統構法の家の実大振動台実大実験においても
証明されたように
激震であっても
入力してくる地震動を逃し、
石の上で建物が移動して全ての地震力を受け止めないようになってるからです
仮に移動してもジャッキで動かせるノウハウも実験で学びました
DSC04732
東側から見た外観
DSC04732
玄関ポーチも建物と同様に石場建てにして、一緒に動いた場合も障害にならないようにしてます
階段は、石で作りました
DSC04834
玄関内部の床は、土間にせず、栗板を張りました
この部分も床下があります
DSC04793
浴室の床は、FRP防水をして、秋田の十和田石を張り床を仕上げました。壁は、青森ヒバを使用しました。
浴槽は、長野県奈良井の春野屋さんで漆を塗り製作してもらいました
DSC04749
キッチンは、特注の家具で作りました
DSC04723 - コピー
南側の濡れ縁も石場建てで、動きを阻害しないように工夫しております


2019年7月26日

梨の木の家 上棟

IMG_3437
梅雨が明けて快晴の中、梨の木の家の建前が始まりました。
建坪25坪、延床41坪ロフト付きの2階建てになります。
DSC04650
2階の梁桁を組んで1日目は終了です。
DSCN3739
2日目は大屋根を組んで納めてゆきます。
下屋が多い関係で、足場が少ない中でも大工さんはサクサク仕事を進めてくれます。
IMG_3542
下屋の隅木もきっちり納まりました。
IMG_3571
3日目の終わりには上棟式を執り行わせて頂きました。
ここまでの工事が無事に進んだことに感謝をし、今後も無事に完成することを祈願いたしました。
DSCN3783
上棟おめでとうございます。