大江忍プロフィール・著書

大江忍プロフィール

ナチュラルパートナーズ 代表取締役 大江 忍(おおえしのぶ)
1961年生まれ 一級建築士(愛知県日進市在住)

経歴

昭和58年4月名城大学理工学部建築学科卒業後、愛知県豊橋市の建設会社(花田工務店)にて、現場監督として3年間勤務のち退社。昭和62年愛知県足助町(現豊田市)の、当時第三セクター産直住宅会社に設計・現場監理者として入社。同社にて20年間勤務の後、常務取締役を経て平成18年2月に退社。

有限会社ナチュラルパートナーズを鳥居昭夫((有)鳥居材木店 代表)と共同出資で設立。自然乾燥した三河のヒノキと杉を主に使用した100%国産木材、土壁等の自然素材を使った、新建材を使用しない木造伝統構法の家造りを実践。事業として、設計事務所・アレルギー対応住宅のコンサルタント業務、建築請負業、を営む。

木造住宅新築約220棟の設計・施工と文化財復元工事18件等に現場監理者あるいは設計者として携わる。

愛知県の山里である豊田市足助町の前会社で、設計の仕事をする傍ら、中部自然住宅推進ネットワークを創設し、同時期にアトピー環境研究会/名古屋の創設にも建築班として参加。多くのシックハウスやアトピー、ぜんそく患者の住宅の調査を医師および各分野の専門家たちと共同で行う。特に、自然素材の建材への利用についてのノウハウを実施研究。

NPO法人 緑の列島ネットワークの理事長として「近くの山の木で家をつくる運動」を呼びかけ、国産の木の家づくりネットワークを展開中。また、平成22年度から平成24年度まで、国交省の補助事業である「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験検討委員会」の全体管理責任者を務め、伝統的構法の設計法を法制化することを目指す。また、平成13年より名古屋工業大学の藤岡伸子教授とともに、「緑の列島 木の家スクール名古屋」を企画し、現在も毎年、講座を継続中。平成25年度より「職人がつくる木の家ネット」の代表に就任。平成27年3月より「伝統構法をユネスコ無形文化遺産に!」の運動を提唱し、伝統木造技術文化遺産準備会を設立。茶室の第一人者の中村昌生先生(京都工芸繊維大学名誉教授)を会長に、哲学者の梅原猛先生を呼びかけ人代表として、運動を展開し、事務局として活動中。

豊田市足助町の中世城郭である足助城の復元工事をきっかけに、日本各地の文化財の復元工事に宮大工、左官、金物等の職人集団を率いて木工事監理者としても参加している。

所属団体および委員

NPO法人 緑の列島ネットワーク 理事長
伝統木造技術文化遺産準備会 事務局長
職人がつくる木の家ネット 代表
豊田市森づくり委員会 委員
中部自然住宅推進ネットワーク 事務局長
愛知建築士会 会員
緑の列島 木の家スクール名古屋運営委員会 委員
 加子母明治座耐震改修委員会 オブザーバー

著書

「ナチュラルハウスをつくろう」共著1998年出版
「家族と健康にやさしい住まい」共著1998年出版
「世界で一番やさしい 自然材料」共著2010年出版
IMG_8278
「建築知識」「現代林業」等の建築雑誌および新聞等にコラム等多数

2010年 中日新聞 連載コラム「自然のちから」全4回(クリックで拡大)




2014~2015年 週間漫画times「 解体屋ゲン」 に漫画出演中

IMG_0550 IMG_0548 IMG_0551 IMG_3852 IMG_3915 IMG_0524 IMG_0525

2015年8月 建築ジャーナル8月号

ky08
記事を読む

2015年8月 金物マガジンVol.52

km08
記事を読む①
記事を読む②

2015年~ スタジオジブリの小冊子『熱風』

2015年8月号 特集「サツキとメイの家の10年」
2015np8 2015np8-1

2015年11月号 連載「大工の棟梁中村武司の木造建築造りの仲間たち-1」
2015np11 np11-1