ブログ
2006年9月28日

インド旅行記13 サルナート2

サルナートの鹿公園の中でひときわ目立つ高い建物は、ダメーク・ストゥーパである。
この塔は、6世紀につくられたそうで、レンガを積んで建てられている。
仏教徒は、この塔の廻りを廻りながらお祈りをする。
ネパールからの信者がお祈りをささげていた。足場が、組まれ修復がなされている。
ストゥーパは、”土を盛り上げたもの”というサンスクリット語らしい

日本ならとっくに地震で倒れているだろうなあ

広がる遺跡群
きっとたくさんの仏教を信じる人たちが修行されたであろう
僧院のあとのようです

ほとんど基礎部分のみが残されている
すべてレンガ造りである

緑が美しい

サリーを着た女性が、遺跡の修復をしていた。
もっと作業しやすい服装もあるかと思うが、インド女性のみだなしなみには、敬服する。農村でも、農作業をサリーでしている姿を何度か見た。

レンガの目地を詰めている女性
裸足である
この方たちは、公務員なのかな?
日本的な常識は通用しない世界
ゆっくり、ゆっくりと時が流れている

ブログランキング参加中です
この下をクリックお願いします

人気blogランキングへ