ブログ
2006年9月8日

ラーマクリシュナ ミッションを訪ねて

8/25 午後よりバスにてマザーテレサの施設から移動。途中、中華料理のレストランにてランチを済ませ、ガンジス河のほとりにある、ラーマクリシュナ ミッションへ向かう。午後4時からの開門のために、ガンジス河の遊覧船に乗る。遊覧船といっても、15人乗ったらいっぱいの木造船だった。ラーマクリシュナは、思想家で、宗教の枠を超えた思想をもち、今も世界中にその支部がある。ここは、敷地内にカメラを持ち込めことができなかったので、ガンジス河からの撮影となった。詳しい思想のことは、よく勉強してないので、わからない。中心となる建物は、仏教、キリスト教、ヒンズー教、イスラム教の建物の特徴を随所にいれた設計となっていた。この中で、しばし瞑想の時間をとり、心を澄ますことができた。園内は別世界のようにきれいに掃除がなされ、整備されていた。

ガンジス河は、今雨季で満水状態らしい
船の後ろに見えるのがラーマクリシュナ ミッションの中心建物

ガンジス河は、沐浴の場所が多くあり、階段がいくつも河へと続いている
石鹸で頭まで洗っているので、お風呂代わりにしているようだ

漁師さん 帆かけ船でのんびり魚をとっている
エンジンなしの木造船

竹の集積場 この竹は主に建築現場の足場に用いられている
運搬は大八車 時代がとまっているようだ