ブログ
2006年9月10日

寝台車でガヤ駅に到着

インド旅行記6

8/25 22:00にコルカタより寝台車に乗り8/26 5:30にガヤに到着しました。寝台車は、一等車であり、冷房車であった。この冷房がくせもので、インドの冷房は異常に寒い。冷房は効いてないと冷房じゃないという概念があり、私もこのために長袖のフリースを持っていった。シーツは2枚と毛布、枕が配られる。シーツの間に寝て、毛布をかける。2段ベッドとなっており、下段は、座席の背もたれを倒すとベッドになる。
 ガヤの駅に、寝不足気味に到着直後の写真(後ろに乗ってきた列車)。まだ薄暗い。ひげが少しのびかけている。ホテルに髭剃りが無いために、この機会に初めて伸ばし始めた。

スーツケースはポーターさんが運んでくれる。頭の上に布を巻いて、スーツケースを2~3個を載せてバスまで移動。

混沌とした、ガヤの駅前。舗装はしてなく、大きな水溜りに、人力車、オートリクシャー、牛、豚、ヤギ・・・・インドでは普通の風景。しかし、こんな早朝になんでこんなに駅前に人がいるのか不思議。さすが、10億人の国。

ガヤの駅舎。道端で寝ている人をみかけるのも慣れてきた。気軽に手を振ってくれた赤シャツのお兄さん。この人の仕事は、たぶんポーターさん。右のスカートのような腰巻した人は、なんでここにいるのか?わかんない?
何をするわけでもなく駅に集まっている人々がいる。それぞれが分業されたインド人は、それぞれの仕事以外はいっさい手をださないから、遊んでいるようにもみえる。
ここから、バスで仏陀の悟りの地であるブッダ・ガヤへ向けて出発。次回に続く。・・・・