ブログ
2006年9月18日

スジャータ村へ

インド旅行記9

大菩薩寺からバスに乗り、河を渡り、スジャータ村へ
遠くに見える大菩薩寺本殿
この河はブッダが沐浴された河である

スジャータ村で見かけた土壁?
いや牛の糞を壁につけて乾かし燃料としている
このような光景はインドのどこでも見かける
この糞一塊は、燃料として売られる時の値段は1ルピー程度らしい
牛の糞は、日本人がイメージするほど汚いものではない
植物しか食べないので燃える
リサイクルとしては究極のエコロジーである

スジャータとは、ブッダにミルク粥をだして、過酷な修行でやせ細ったブッダが断食をやめることとなったきっかけを与えた娘である。この娘の村として聖地となっている。

この場所から見た正覚山
この山は、ブッダが修行された山です

いかにも神秘的な雰囲気を遠くからも感じさせます

スジャータのストゥーパ
レンガつくりの日本でいえば古墳のようになっている
最近発掘されたようである
元の部分を覆い隠すように、何重にも積んであるそうだ
少し前までは、土の山だったと、龍村先生の証言