ブログ
2007年3月1日

杉の赤身板

安城 Y邸

外部の下見板は、杉の赤身板を鎧張りにします
赤身板は、非常に腐りにくいです
この上に、墨汁を塗ります
杉板の下には、内部からの湿気は、通すけど
外部からの雨水は通さないシートを張ります
昔はこんなシートは必要なかったけど
最近は、雨漏りはクレームとなるため
この地方は台風の暴風雨に供えて予防措置として
施工します
もちろん、こんな新建材は嫌な方もみえますので
ご希望によって施工します
ニオイなどの問題は無い商品です

柱のコーナーは、これから桧の付け柱をかぶせますので
まだ、下地のシートが見えてます

下見板より上部は、大壁の木刷り+モルタル下地+漆喰塗りとなります