ブログ
2006年4月30日

甲府城レポート14

東土塀建て方
栗の土台(5寸角)、ヒノキの柱(6*5寸)で仕上げ高さ8尺5寸の土塀を石垣の上に建築します
控え柱(1*0.8尺)もヒノキで掘っ立てとなります
仕上げは竹小舞の上に荒壁、中塗り、
漆喰となります

仮屋根も仮設であり、雨に日でもできて快適です
高いところでの作業ですので転落に注意しながら作業を進めます
風が強い日は要注意です

屋根の垂木を取り付けたところです
土塀は石垣のカーブにあわせて曲線となります
今回の施工分は、長さ16間4尺あります