ブログ
2006年7月6日

甲府城木工事レポート23

東土塀
地元の左官さんが、一本一本丁寧に竹にシュロ縄や藁縄を巻いて下地を作りました。大変根気のいる作業で敬服いたします。

その上に軒天部分は、砂漆喰で下地を作ります
これも、細かいところまで篭手を使って塗りこめます
この後に、仕上げまでに下塗り、中塗から仕上げまで、まだまだ工程があります。

壁の部分は、○竹と割り竹を太い藁縄で組んで下地をつくります。
現場で、養生した粘性土を団子状にして、竹の間に押し込みます。
せまい足場の上で、土を運ぶ作業は大変です。

(元請は、甲府の地元の国際建設、コミヤマ工業、進藤建設、さんのJVです)