ブログ
2009年10月26日

間伐現場見学【第二回豊田森づくり委員会】

10/22の午後より、今年度第二回の豊田森づくり委員会が、豊田森林会館にて行われました。
この日は、間伐した現場の様子を見学に伺いました
豊田市三つ足町の山林で、元国有林であったところで現在は市有林です。
IMG_0830.jpg
山に入る前の説明です
このあと、獣道をあがっていきます
IMG_0859.jpg
ひのきの間伐された現場です
山の頂上部は広葉樹などの天然林がのこされており
頂上部からの崩落は免れてます
このような植林のしかたのほうが、山を守れます
但し、この境目の部分は、広葉樹が下のひのきの成長をさまたげ
境目付近のヒノキは枯れそうです
IMG_0888.jpg
間伐され放置された間伐材
もったいないけど運賃が高くて出せない
IMG_0891.jpg
健全な状態に戻りつつある状態
下草がはえて、表面の土に腐葉土ができはじめる
IMG_0908.jpg
まき枯らし間伐の現場です
切り倒すコストより安いということや
チェーンソーを使わないでできるところからこの方法が用いられます
皮をむかれた針葉樹は枯れてしまいます
IMG_0916.jpg
表土が流され、このように森林は保水力をなくし
どんどん崩れていく
下草のない状態は異常な状態であり
間伐をして、森の中に光が差し込み
下草が生える状態にして、腐葉土をつくり
保水力を回復することが急務である