ブログ
2009年4月19日

15年前に建築した家を訪問しました

弘法さんの日ということで、近所の方にお菓子を振舞われるという行事を毎年されており、今年もお昼のおいしいお食事をいただきに伺いました。お施主さんとは、16年以上のおつきあいとなり、そのころ小さかったお子さんたちも社会人となりました。
IMG_0541.jpg
玄関の門は、母屋を造った数年後に建築しました
IMG_0544.jpg
お庭も落ち着いた雰囲気となってきました
IMG_0539.jpg
外壁は、最初から塗装をせずにいましたので、今は落ち着いた雰囲気となり、メンテナンスが必要ありません
漆喰も一度も補修してません
IMG_0551.jpg
吹き抜けの木組みです、棟の丸太は、直径80cmほどあります
IMG_0555.jpg
松の木で造った天井です
この松は、400年ほどの樹齢がありました
15年経ってもも隙間がありませんので、よく乾いていた材であると共に年数の経た木は、伸び縮みが少ないのがよくわかりました
自然素材で建てる家は、ほとんどメンテナンスがいりません
そして、できたときがベストではなく、住むほどに味わいをかもし出し、どんどんよくなります
コストは反って、年数で割ると安いことになると思います