ブログ
2006年3月22日

排ガスがてんぷらの香り

植物燃料自動車

先日、ある集いで知り合った小岩さんは岐阜県白川町で実験的自然農を実践しておられます。なかでもエコロジーに徹してるのは、自動車の燃料です。
廃油を町の給食センターから譲りうけ、自宅で濾して自動車の燃料として使用。車はVWのゴルフですが、ディーゼル車のエンジンに、少し改造を加えた植物油専用の自動車です。
排気ガスは、鼻を近づけるとてんぷらの香りがして、無害です。
こんな二人の生活にあこがれます。

詳しくは
http://park16.wakwak.com/~koiwa/svo/svo-1.htm

車の後ろにいつも予備の燃料タンクを積んで走ってるそうです
しかし、たいへんだなあ….

エコを楽しんでるのに感銘しました

純朴で自然農的百姓暮らしを楽しんでるご夫婦(写真右ー正博さん、左ー愛さんです。
奥様はいつも横笛を持って、楽しそうに踊ってるようです。

小岩さんHP http://park16.wakwak.com/~koiwa/